難聴の原因と治療方法

 

 

難聴の原因について

難聴とは、人の話し声や鳥の囀りなどが全く聞こえなくなる病気ではなく、聞こえにくくなってしまう病気のことを指しております。

 

難聴の原因は人によって異なるので一概には説明できないものの、自分の世界から音が遮断されてしまうわけではなく、改善の余地は十分にあるのです。

 

音が全く聞こえなくなって日常生活に悪影響が必ず引き起こされるわけではありませんが、急に聞こえにくくなった場合は突発性難聴という病気の可能性があるため、耳鼻科といった専門的な病院を早めに受診して症状を診てもらった方が良いでしょう。

 

突然生じる難聴にしても、大きな音響に接した時に生じる音響外傷にしても、原因は一つというわけではありません。

 

そこで、このページでは難聴が引き起こされる原因について詳しく説明しているので、症状に不安を抱えている方は参照してみてください。


加齢が原因の難聴

加齢が原因の難聴に悩まされているという高齢者の方は多く、聴覚障害の一つとなっております。

 

とは言え、人間であれば年齢を重ねるごとに耳の聞こえが悪くなっていきますし、障害と言っても全く聞こえなくなるのではなく、耳が遠くなる程度です。

 

年齢を重ねると聴覚と関係している細胞が少しずつ減少したり老化したりすることが原因で聴力が下がり、老化によるこのような症状を老人性難聴と呼んでおります。

 

全ての方が引き起こす症状というわけではなく、40代から補聴器が必要になる方がいれば、80歳を過ぎてもバッチリと聞こえるというように、個人差が激しいというのが大きな特徴です。

 

老人性難聴は、老化によって皮膚が乾燥してシワが多くなったり、骨が若い頃と比べて脆くなって骨折しやすくなったりと、致し方ない現象の一つだということがお分かり頂けるでしょう。

 

人間の聞こえに関する能力は20歳をピークにしてだんだんと悪くなっていきますし、加齢が原因の難聴は防ぎようがないものの、美聴泉(びちょうせん)といったサプリメントで症状を和らげることができます。

 

このサイトでご紹介しているのが、高齢者におすすめの美聴泉(びちょうせん)で、自然が育んだ植物由来の成分が含まれているため、聞こえのトラブルに有効というわけです。

 

実際に、摂取した方の口コミでは、「耳鳴りの症状がなくなった」「難聴の症状が良くなった気がする」と記載されておりました。

 

医薬品ではないので、絶対的な効果を得られるというわけではありませんが、毎日の生活を快適なものにサポートしてくれることは間違いないので、是非美聴泉(びちょうせん)を飲んでみてください。

 

 

>>> 難聴や耳鳴りのトラブルに悩む方はコチラ


身体に引き起こされている疾患が原因の難聴

身体に引き起こされている何かしらの疾患が原因で、難聴の症状が悪化するというケースは意外と多くなっております。

 

若者でも高齢者でも、耳と深く関わっている病気に悩まされることはあり、その影響でだんだんと難聴が引き起こされ、聞こえにくくなっていくというメカニズムです。

 

難聴の原因となる代表的な疾患としては、聴神経に形成される「聴神経腫瘍」、耳の周りの骨を破壊する「真珠腫」、聴力の低下とともに耳鳴りやめまいといった症状が突発的に現れる「メニエール病」、外部からのウイルスによって発症する「髄膜炎」が挙げられます。

 

発症率が年間10万人に対して1人の珍しい病気の聴神経腫瘍や、過度のストレスやアルコールの過剰摂取といった普段の生活で生じるメニエール病など、ありとあらゆる疾患が原因で症状が悪化するのです。

 

この身体に引き起こされている疾患を改善しなければ、難聴の症状は基本的に良くならないはずなので、自分一人の力で解決するのではなく、早めに専門医に診せなければなりません。


大きな音が原因の難聴

大きな音を聞き続けることが原因で、難聴が引き起こされるとも言われており、コンサートで大きな音が耳に入ってきた際に生じる音響外傷や、大きな音が発生する職場で何年間も仕事を続けたことが原因の職業性難聴など、幾つもの種類があります。

 

私たちの耳の中に存在している蝸牛(カギュウ)は、音を感じるための重要な器官なのですが、あまりにも伝わる刺激が大きすぎると障害が生じるのです。

 

ありとあらゆる音は空気の振動とともに伝わり、物理的エネルギーが大きすぎると、蝸牛(カギュウ)の中の部屋を分けている鼓膜が破れたり、血流が悪くなったりします。

 

また、音を脳に伝えるために欠かせないアミン酸が大量に放出され、その量が多過ぎたことで細胞が死んで鼓膜が破れ、難聴に繋がると説明できるでしょう。

 

普段から大きな音が発生している職場で働いている方や、パチンコ店に出入りする機会が多いという方は、この騒音性難聴に悩まされる確率が高いので注意が必要です。


ストレスが原因の難聴

聴力が自然に衰える高齢者だけではなく、20代や30代といった若者でも難聴の症状に悩まされることがあり、普段のストレスが原因だと考えられております。

 

精神的なストレスや肉体的なストレスが、私たちの身体に与える悪影響は大きく、自分では大したことがないと思っていても、身体には負担が加わっているのです。

 

詳しいメカニズムは未だに解明されていないのですが、ストレスによってホルモンの分泌が乱れたり、自律神経のバランスが崩れることが原因で、若者でも難聴に悩まされるのかもしれません。

 

特に、現代では低い音域だけが聞こえにくくなる低音難聴を患う方が増えており、20代から30代の女性に多いと専門家の方は答えておりました。

 

普段のストレスだけではなく、生理による女性ホルモンのバランスも合わさり、症状が悪化しているとも考えられるので、日常生活の送り方には注意が必要です。


難聴の治療方法について

難聴は耳から聞こえる音が遮断されるわけではなく、聞こえにくくなる病気の一つなので、適した治療方法を実施していれば、症状が回復する見込みは十分にあり得ます。

 

大きな音の発生によって生じる騒音性難聴なのか、急に片方の耳の聞こえが悪くなり、めまいといった身体的な症状も同時に引き起こされる突発性難聴なのかによっても治療方法は異なるでしょう。

 

どちらにしても、正確な診断と早期治療が大事ということは間違いなく、設備の整った病院で専門医に症状を診てもらい、個人に適した治療を施していくのがベストです。

 

突発性難聴を除き、基本的に難聴は自覚症状として気が付きにくく、緩やかに症状が進行していくという特徴があります。

 

気付いたころには取り返しのつかない事態になっていたというケースは十分にありますし、突発性難聴の場合は聴力の回復が困難になるかもしれないので、適した治療方法で早めの対策を打たなければならないのです。

 

個人の症状によって異なるものの、このページでは難聴に対する幾つかの治療方法を説明しているので、是非参考にしてみてください。


美聴泉(びちょうせん)を使おう

難聴や耳鳴りといった聞こえのトラブルの多くは、老化によって引き起こされることが多いため、高齢者の方ほど悩まされやすいという特徴があります。

 

加齢現象の一つなので絶対に防ぐことはできないのですが、上記でもご紹介した美聴泉(びちょうせん)を摂取することで、症状を緩和させることができるかもしれません。

 

このサプリメントの中には、ハーブ大国のドイツで古くから使われているナギイカダエキスや、健康維持に欠かせないビンカマイナーが含まれております。

 

これら植物性の成分が身体の中に浸透することで優しく聞こえのトラブルに働きかけ、質の高い睡眠も同時にサポートしてくれるのです。

 

美聴泉(びちょうせん)は難聴の治療に適した医薬品というわけではありませんが、健康のサポートをしてくれるのは事実なので、試してみる価値はあるのではないでしょうか。

 

 

>>> 難聴や耳鳴りのトラブルに悩む方はコチラ


医薬品を使った治療

個人の難聴の症状によって異なるものの、基本的に投薬治療によって症状を抑え、難聴を改善していくという方法が行われております。

 

内耳の炎症を抑え血液循環を軽くするステロイド薬や、血管を拡張させて血液を固まりにくくしてくれる末梢循環改善薬、腎臓の機能が悪い方はアミノグリコシド系抗菌薬を服用し、難聴の症状を和らげていくのです。

 

専門医であれば今の自分がどのような医薬品を用いて治療をしていけば良いのか指示してくれるはずですし、用法と用量をしっかりと守っていれば副作用が酷くなることはありません。

 

薬を用いるのは難聴の基本的な治療方法の一つですが、妊娠中の方や授乳中の方は赤ちゃんのことを考えて医師との連携が必要ですし、普段の生活にも注意点があるはずなので、医師から的確なアドバイスを受けるべきです。


骨伝導補聴器BAHAを使った治療

病院では骨伝導補聴器BAHAを使った治療が実施されており、聞こえない側から聞き取れるようになる器具となっております。

 

難聴が引き起こされている側の耳の後ろに振動端子を埋め込み、頭蓋骨の骨伝導を利用することによって、反対側にも振動を伝えて聞こえを良くできるのです。

 

この治療方法が実施できる症状は限られており、全体的に聞こえが悪くなる老人性難聴よりも、片方の耳の聞こえが急激に悪くなる突発性難聴といった病気に活用されております。

 

「難聴の根本的な治療にはならないのでは?」と考える方がいらっしゃるかもしれませんが、海外では骨伝導補聴器BAHAを用いた難聴の治療は積極的に行われているのです。

 

2013年から保険適応の治療方法として採用されており、大きな負担がかかることなく日常生活のサポートもしてくれるため、医師と相談して手術を行うか決めましょう。