難聴の方のための便利グッズ

 

 

難聴の方のための便利グッズについて

難聴の方の便利グッズとして挙げられるものの一つが補聴器で、聞こえにくさを改善するための器具となっております。

 

便利グッズと呼ぶと少々異なるかもしれませんが、ただ耳に装着するだけで心地良い音を耳の中に届けてくれる素晴らしいサポート機器なのです。

 

軽度の難聴者であれば、裸耳では日常生活を送れないとしても、補聴器を装着することで健常者と同じように生活できる場合もあります。

 

基本的に音を大きくするための機械となっており、マイクに入り込んだ音波を電気信号に変えてから増幅器で音を大きくし、その音を耳に伝えるという仕組みです。

 

会話の内容を分析したり理解したりすることはできないものの、難聴者が装着することで休んでいた聴神経を目覚めさせることができるため、積極的に会話をしようと試みることで聴力が回復するケースも少なくありません。

 

また、現在のデジタル補聴器は、以前までの製品と比べて柔軟に対応できるという特徴があり、コンピュータを使って調整し、周波数ごとに信号処理を行い、難聴の種類に合わせて音を届けられます。

 

つまり、頭に響くような高音を優しい音に変換させたり、マイクに入り込んだ雑音だけを取り除いたりと、難聴者にとって嬉しい便利グッズということは間違いないです。

 

デジタル補聴器は値段が高いというデメリットがあるものの、性能は相当高いですし、小型化やデザイン化が進んでいるということで、恥ずかしがることなく着用できるところも素晴らしいのではないでしょうか。

 

補聴器を使えばあなたの生活がアクティブになるはずなので、難聴だからといって諦めるのではなく、健常者と同じように生活するための努力を行うべきです。

 

その他の便利グッズとしては、振動や光で来客者を知らせる「ドアベル」、バイブレーション付きの目覚まし時計の「振動目覚し時計」、テレビに字幕をつけられる電気機器の「文字チューター」が挙げられます。

 

現在では、聞こえの不自由な方でも使える電話製品の「ジャンボプラス」が登場しており、受話音を最大で60dBまで増幅できるため、中等度難聴の方でも相手の声を聞き取れるのです。

 

しかも、磁気誘導によって伝わる音を電気信号に変え、鮮明な受話音声を聞けるところも優れた機能の一つかもしれません。

 

これらの便利グッズを使用すれば、難聴者の方でも快適な毎日を送れるようになるはずなので、自分が必要だなと思ったグッズを買って上手に活用してみてください。

 

 

 

 


「難聴の方のための便利グッズ」に関するページ