難聴の方のためのアプリ

 

 

難聴の方のためのアプリについて

iPhoneやAndroidを使った難聴者用のアプリが流行っており、毎日の生活を快適なものへと導いてくれます。

 

無料で利用できるものから課金しなければならないものまで、数多くのアプリが現在では登場しており、難聴の方が便利だと感じるものばかりです。

 

また、難聴かどうか不安を感じている方が、気軽に聴力検査ができるアプリも登場しており、携帯電話で遊び感覚で利用できるところがメリットかもしれません。

 

仮に難聴を患っていたとしても、早めに治療を始めることで聴力を回復させることは十分に可能なので、病院で検査を受ける時間がないという方はアプリで自分の耳の状態をチェックするのは大事だと説明できます。

 

このページでは、難聴者など障害のある人に便利なアプリをご紹介しているので、iPhoneやiPadでダウンロードして使ってみてください。


耳年齢チェック!iPhone版

高周波を聞き分けることにより、耳の状態を確かめられるのが「耳年齢チェック!iPhone版」で、無料でダウンロードできるアプリとなっております。

 

イギリスの企業がセキュリティシステムのために導入したモスキート音を使ったアプリで、年齢を重ねるとともに聞こえにくくなる音で自分の耳の状態を確かめられるというわけです。

 

画面をタップするだけで、どの音が聞こえるか聞こえないかチェックでき、耳年齢を測れるところが非常に適しております。

 

既に難聴を患っているという方でも、治療による回復効果を確かめるために、「耳年齢チェック!iPhone版」を使ってみるのが良いかもしれません。


BioAid

イギリスの研究者によって作られたアプリが「BioAid」で、スマートフォンを補聴器として利用できる優れものとなっております。

 

このアプリを使用することによって、音の増幅だけではなく背景の雑音を弱め、難聴者が聞き取りにくい特定の周波数の音を大きくできるのです。

 

元々、スマートフォンに備わっているマイクロフォンや音声システムを活用して「BioAid」は作られており、市販で販売されている補聴器よりも細かい設定ができるところが素晴らしいと言えるでしょう。


聞こえのチェック

「聞こえのチェック」は、簡単な操作で音を聞くだけで、難聴の可能性を診断してくれる便利なアプリとなっております。

 

簡単なテストで自分の聴力を測り、診断結果を自動的に記録する機能も備わっているので、どのような推移で聴力が衰えているのか確かめられるというわけです。

 

日常生活の中で、聴力が衰えていたとしても、急激に聞こえにくくなるわけではないので、自分の身体に変化が起きているのかどうか分からないケースも少なくありません。

 

その影響で症状を放置してしまい、治療が遅れて難聴が治りにくくなることもあるので、「聞こえのチェック」を使って早めに自分の身体の状態を把握した方が良いのです。


「難聴の方のための便利グッズ」に関するページ