難聴の方のためのブザー

 

 

難聴の方のためのブザーについて

耳の不自由な難聴の方は、来客が来ても「ピンポーン」という音が聞こえないため、スルーしてしまうケースも少なくありません。

 

そこで、難聴の方に役立つグッズの一つがランプの点滅や電子音で知らせてくれるブザーで、誰かが玄関音を押すとフラッシングなどで知らせてくれるという特徴があります。

 

ブザーの種類には幾つかあるのですが、重度の難聴の方でも光で教えてくれるということで、来客を見逃す心配は全くないというわけです。

 

耳と目の両方が不自由だという方は利用できない可能性があるものの、高音が聞こえにくい老人性難聴の方には役立つので、家の中に設置しておいた方が良いと説明できます。

 

ブザーランプで知らせてくれる来客チャイムシステムは、製品によって異なるものの、基本的には部屋の中で無線フラッシュランプが約10秒間に渡ってフラッシングするのです。

 

途中に中継器を入れることで、通信距離を延長できるということで、難聴者の方が便利だと感じることは間違いありません。

 

ネジを使って簡単に設置できるという特徴がありますし、専門の業者を呼んで家の中を工事してもらう必要もないというところが非常に適しております。

 

また、来客用ではなく電話用の製品も販売されており、パイオニアの「フラッシュベル TF-TA21-W」が人気で、「電話のベル音が小さい」「音を鳴らさなくても知りたい」という方におすすめです。

 

電話回線と電話機の間に本機を接続するだけで、光と音で着信を知らせてくれる器具となっており、両方の機能はONとOFFで自由に変えることができます。

 

しかも、ベルをONにすれば最大で90dBの大音量で着信を知らせてくれるということで、重度の難聴で悩まされている高齢者の方にとって役立つことは間違いないでしょう。

 

このように、耳の不自由な方だけではなく、目の不自由な方でも利用できるブザーは数多く登場しており、家電量販店だけではなく通販で購入することができます。

 

幾つもの製品があるので迷ってしまうかもしれませんが、個人の症状に適したブザーは幾つか登場しているので、製品の説明を見て性能を確かめてから購入するのが一番です。

 

無線送信機が内臓されている「無線呼び鈴」、点滅のみの「無線式フラッシュランプ」、点滅と音の両方で知らせてくれる「無線式フラッシュブザー」など、どの製品も格安でコンパクトなサイズなので、是非日常生活の中に取り入れてみてください。

 

 

 

 


「難聴の方のための便利グッズ」に関するページ