難聴の方のための電話機

 

 

難聴の方のための電話機について

「普通の受話器では音が小さくて聞こえにくい」「相手の話のスピードが速いと聞き取れない」「補聴器をしたまま電話機を使うと上手く聞き取れない」ということで、難聴を患っている高齢者の方は悩んでいるはずです。

 

難聴を患っていたとしても、遠くに住んでいる孫や家族と電話機を使って会話がしたいはずですし、その会話がだんだんとスムーズにできなくなるということでショックを受けてしまいます。

 

そのような方には、難聴者用のための電話機がおすすめとなっており、耳の不自由な方を対象にして作られているため、一般的な製品よりも楽に会話を楽しむことができるでしょう。

 

受話音量を最大で40dBまで増やし明瞭に会話ができるようになる「スマートBTアンプ」や、音量だけではなく音程も調節して聞こえやすくしてくれる「テレアンプIII」といった製品が人気を得ております。

 

どの電話機でも、難聴で耳が聞こえにくい方のために、音を増幅させるような機能が備わっているので、以前よりも抜群に安定した会話が実現できるというわけです。

 

それに、難聴を患っている方の多くは、補聴器をした状態で受話器を持ち、誰かと会話を行うことが多いかもしれません。

 

確かに、受話器から聞こえてくる音も、補聴器の効果で大きくしたり聞こえやすくしたりしてくれますが、2つの機器の併用によってハウリングを引き起こすことがあります。

 

ハウリングとはマイクで拾った音声がスピーカーに繋がっている際、「キーン」という高い周波数の音が発生する状態で、フィードバックとも呼ばれる不快な音です。

 

難聴者の方にとって、この状態では余計に音が聞き取りにくくなってしまうということで、補聴器を装着しなくても会話がスムーズにできる電話機の使用が適しております。

 

様々なメーカーから難聴者用や高齢者用の電話機が登場しておりますが、中でも「ジャンボプラス」が人気を得ており、30,000円というお手頃な価格で購入できるのです。

 

「中度難聴の方のために音を増幅できる」「4つの音質から聞き取りやすいものを選択できる」「視覚障害者のためにワンタッチ発信が可能」「最大で58dBまで増幅できる」という機能が備わっており、難聴者にとって役に立つことはないでしょう。

 

もちろん、難聴者のための電話機はどんどん変化しており、もっと便利な機能が備わったものも販売されているので、自分の症状に適したものを見つけて購入してみてください。

 

 

 

 


「難聴の方のための便利グッズ」に関するページ