難聴の方のためのスピーカー

 

 

難聴の方のためのスピーカーについて

難聴の方のためのスピーカーとして、ユニバーサル・サウンドデザイン株式会社からコミューン(COMUOON)が発売されました。

 

今までになかった難聴者用のグッズということで、スピーカーのコミューン(COMUOON)は高い人気を得ております。

 

コミューン(COMUOON)は声を発する側で難聴の人が聞き取りやすい波長の音を作り出すスピーカーで、70dB程度であれば補聴器を使用しなくても聞こえを改善してコミュニケーションが取れるようになるのです。

 

従来までは補聴器を着用したりブザーを使用したりと、難聴を患っている人が努力をしなければならないケースが多かったのではないでしょうか。

 

特に、難聴の治療としては積極的に補聴器の着用が勧められておりますが、長時間に渡って装着していると頭がボーっとしてくるという問題点がありました。

 

それに、製品によって大きく異なるものの、片方で40万円を超える補聴器も存在しており、患者さんにとって大きな経済的な負担となります。

 

その点、コミューン(COMUOON)は難聴者の負担を減らすために開発されたスピーカーだけあって、話し手からの音を変えるだけなので、補聴器を着用せずに済むのです。

 

また、「心理的な負担を軽減させられる」「認知症の防止に繋がる」という利点もコミューン(COMUOON)は持ち合わせております。

 

難聴の人は相手の声が聞き取りにくくなることで会話をするのが億劫になり、不必要な会話を避けることで高齢者であれば認知症が引き起こされる原因になるのです。

 

しかし、コミューン(COMUOON)を利用すれば難聴の人でも楽にコミュニケーションをとれるようになるので、認知症の予防に繋がったとしても不思議な話ではありません。

 

以上のように、現在では難聴の対策として補聴器だけではなく、スピーカーの使用も選択肢の一つとなっており、個人の症状に合わせて購入するのかレンタルするのか考えるべきです。

 

高額な補聴器よりも安いものの、それでもコミューン(COMUOON)の本体価格は195,000円なのでポンと支払える金額ではないでしょう。

 

「金銭的な負担が大きい」という方のためにレンタルサービスが実施されているので、ユニバーサル・サウンドデザイン株式会社の公式サイトにアクセスしてみるべきです。

 

このスピーカーのデメリットは金銭面だけですし、毎日の生活が快適になればストレスの解消にも繋がるはずなので、購入するのも決して悪くはありません。


「難聴の方のための便利グッズ」に関するページ