難聴をレーザー治療で

 

 

難聴をレーザーで治療しよう

難聴をレーザー治療で治すことができるのかどうか、疑問を抱えている方は多いかもしれません。

 

実際に、病院では難聴や耳鳴りといった症状の回復方法としてレーザー治療を取り入れており、聞こえのトラブルを改善することができます。

 

レーシックや花粉症の治療のように、レーザーで難聴を治せると聞いてビックリした方は多いはずです。

 

限られた病院でしかこの治療は受けられないものの、スーパーライザーによる頚部の星状神経節最新レーザーを患部に照射することで、全身の血流がアップします。

 

耳鳴りや難聴といった症状を和らげるには、耳周辺の血行不良を改善しなければならず、血流を良くできるこの方法は非常に優れているというわけです。

 

注射器とは違って指す際の痛みや副作用は一切ありませんし、血流のアップだけではなく自律神経を調整する作用も星状神経節最新レーザーは持ち合わせております。

 

手技効果のバラつきがないのもメリットの一つで、突発性難聴といった病気を患った方は、医師の指示に従ってレーザー治療を施してもらうのが良いのではないでしょうか。

 

また、近赤外線レーザー治療を実施しているクリニックもあり、痛みのない5分間の照射によって血流改善を図り、難聴や耳鳴りといった症状を回復させていきます。

 

オーソドックスな難聴の治療としては星状神経節ブロック(SGB)が挙げられ、頚部喉仏の横に注射器を指し麻酔薬を注入していくのですが、熟練の技術が必要なのです。

 

限られたクリニックでしか治療を受けることができませんし、薬の量や注射する場所によっては筋肉がたるんだり手足が痺れたりといった症状で悩まされるかもしれません。

 

副作用のリスクは低いものの、近赤外線レーザー治療と比較すれば少々危険度が高いですし、このレーザー治療でもSGBの50%から60%程度の効果が得られます。

 

以上のような効果をレーザーは持ち合わせており、医師の指示に従って治療を受けていれば耳が全く聞こえなくなるという最悪の事態は防げるのではないでしょうか。

 

突発性難聴はめまいや耳閉感など、難聴以外の不快な症状が引き起こされやすく、早期発見・早期対策が欠かせないと考えられております。

 

突発性難聴を引き起こしているのにも関わらず、治療が遅れるとそのまま聴力が固定されて、聞こえが悪くなるリスクがあるのです。

 

内服による投薬が中心なのでいきなりレーザー治療を行うのは稀ですが、どちらにしても聞こえのトラブルを感じたら早めに耳鼻科といった病院を受診するようにしてください。

 

 

 

 


「難聴を病院で」に関するページ
難聴を精神科で
難聴を整体で
・難聴をレーザー治療で
難聴と電気治療