難聴を整体で

 

 

難聴を整体で治療しよう

難聴は基本的に耳鼻科で治療を施すという形となり、個人の症状に合わせてステロイド剤や血流改善薬などが処方されます。

 

しかし、実は整体での治療も難聴には効果的だと言われており、聞こえのトラブルと深く関わっているアゴや頭蓋骨の歪みを取り除くことで、症状の緩和ができる場合があるのです。

 

整体で難聴自体を完全に治療できるというわけではありませんが、耳周辺の血行不良によって耳鳴りやめまいといった身体的な症状が引き起こされていることがあります。

 

そのような症状を改善するのに相応しいのが、身体の歪みを調整して治す整体で、お近くのクリニックを受診してみるのは一つの選択肢かもしれません。

 

特に、ストレスが起因となる難聴を患っている方に効果があり、精神的なストレスは脳を緊張させて、自律神経の働きを阻害するという特徴があります。

 

骨盤・背骨・頭蓋骨などを支えている筋肉にも歪みが生じ、各部が緊張して機能低下を引き起こすこともあるので、整体で解すというケアが適しているのです。

 

耳周辺の機能が元々弱まっているという方ほど、ストレスによって難聴や耳鳴りの症状が進行しやすいですし、頭痛や肩こり、首こりといった症状にも繋がります。

 

身体の至る部分に障害が生じることで更にストレスは増幅するので、自律神経を整えることもできる整体が実に適した治療だと言えるのではないでしょうか。

 

もちろん、老人性難聴を患っている方は、骨格の歪みを治す整体で治療を行ったとしても、症状が改善されない場合がありますし、1度や2度通院しただけでは何も変わらないということも十分にあり得ます。

 

そもそも、整体は毎日のように通院すれば良いというわけではなく、3日〜1週間程度の間隔をあけて、ゆっくりと身体の歪みを治していくものなのです。

 

普段の生活習慣によって、何年もかかって悪くなった身体を良くするには時間が掛かりますし、腰を落ち着けて根元から根気良く処置を施していかなければなりません。

 

それでも、血行不良の改善によって難聴を中心とした身体的な症状が、ゆっくりと回復していくことは十分にあり得るので、信頼できるクリニックや医師を探して、治療を施してもらうのは一つの選択肢だと説明できます。

 

ただし、ウイルス感染が原因で難聴を患っている場合や、各部が発熱を伴っている場合は、整体で治療を受けない方が良いと言われているので注意が必要です。

 

難聴や耳鳴りは、耳周辺に引き起こされる病気なので、まずは耳鼻科を受診して専門の医師に、どのような対策を練っていけば良いのか訪ねてみてください。

 

 

 

 


「難聴を病院で」に関するページ