中耳炎が原因の難聴

 

 

中耳炎が原因の難聴について

耳の中の中耳と呼ばれる部分で、何かしらの炎症が引き起こされている状態を中耳炎と呼び、難聴の大きな原因となっております。

 

中耳炎と一口に言っても、幾つかの種類に分かれており、基本的にはウイルスや細菌が原因で炎症を引き起こし、膿が溜まったり鼓膜に穴が開いたりして難聴を引き起こすのです。

 

中耳炎を患ったからといって、確実に難聴が引き起こされるというわけではありませんが、症状を放置したり適切な治療を行ったりしないと、難聴の原因となるので注意しなければなりません。

 

そこで、このページでは、難聴の原因となる中耳炎にはどのような種類があるのか詳しく説明しているので、是非参考にしてみてください。


急性中耳炎

一般的に聞く中耳炎は、この「急性中耳炎」を指しており、ウイルスや細菌などの影響によって強い炎症が引き起こされた状態となっております。

 

感染する可能性のある細菌は様々で、風邪を引いた時に鼻や喉の菌が耳管から中耳へと渡り、炎症を引き起こして急性中耳炎となる場合もあるのです。

 

耳管が未熟で大人よりも短く、真っ直ぐになっている子供が急性中耳炎を患いやすく、発熱や耳鳴りといった症状を伴います。

 

治療の開始が遅れたり、適切な処置を行わないと急性中耳炎が難聴の原因となるので、きちんと病院で診察を受けさせた方が良いでしょう。


慢性中耳炎

急性中耳炎の状態から鼓膜に穴が開く病気へと進展するのが慢性中耳炎で、発熱や耳鳴りといった症状に加えて耳垂れが引き起こされるという特徴があります。

 

慢性中耳炎を患うと、膿などの分泌液が耳から流れる耳漏が生じますが、局所処置や点耳薬を使って炎症のコントロールが可能です。

 

しかし、鼓膜に穿孔がある場合は聴力は回復しませんし、医薬品での治療には限界があるので、鼓膜を閉鎖したり炎症を取り除いたりという手術が必要となります。


滲出性中耳炎

鼓膜の奥に位置している中耳腔に液体が溜まる病気を滲出性中耳炎と呼び、鼓膜の内側に膿が残るという特徴があります。

 

風邪にかかった時に中耳炎を患い、その治りが十分でなかったことが原因で滲出性中耳炎へと発展するケースが実に多いです。

 

中耳の粘膜が何かしらの要因で炎症を引き起こしたり、耳管の働きが低下したりすると、液体が中耳腔に溜まりやすくなり、滲出性中耳炎を患うという流れになっております。

 

基本的に痛みはなく、気付かないというケースは多いものの、鼓膜などの働きが低下して難聴の原因となるので十分に注意しなければならないのです。

 

3歳から10歳程度の子供がこの病気を引き起こしやすく、痛みといった大きな自覚症状がないので、「呼んでも返事がない」という状態の時は滲出性中耳炎を疑った方が良いかもしれません。

 

 

 

 


「難聴と病気」に関するページ