注射による難聴の治療

 

 

注射による難聴の治療について

ある日突然片方の耳が聞こえにくくなる突発性難聴は、早めに病院を受診して治療を進めなければならず、放置していると聴力が戻らなくなる可能性があるので注意が必要です。

 

病院で実施されている治療としては、ステロイドホルモンや循環改善薬による点滴が中心ですが、星状神経節ブロック注射を実施している病院も存在します。

 

星状神経節ブロック注射は、鎖骨の上辺りに位置している星状神経節に麻酔薬を打つことで交感神経のブロックが働き、自律神経の緊張が緩むことで難聴や耳鳴りの症状を和らげられるのです。

 

簡単に説明すると交感神経に直接作用させるような難聴の治療となっており、椎間板ヘルニアや関節症といった病気に使用されることで有名ですが、突発性難聴で悩む患者さんの症状を緩和するためにも用いられております。

 

どの治療法が適しているのか個人によって異なるので、医師の診察を受けて幾つかの治療法の説明を受け、その中から最も適した方法で改善していくのが一番かもしれません。

 

しかし、星状神経節ブロック注射にしても、ステロイド剤の投与にしても、突発性難聴の場合は発症してから2週間以内であればある程度の効果が得られるものの、症状を放置すればするほど治療が困難になっていきます。

 

注射による効果を得られなくなりますし、聴力が戻らなくなるケースも多いため、早めに病院を受診して対策を練らなければならないのです。

 

他の難聴の症状はジワジワと進行していくため、気付きにくいという欠点がありますが、突発性難聴の場合は自覚することが容易なので、少しでも変だと感じたら病院を訪れてみた方が良いでしょう。

 

実際に、難聴を治すために星状神経節ブロック注射を受けると、直後に声がかすれたりまぶたが重くなるといった症状に悩まされることがあるものの、1時間程度で消失するはずなので心配無用です。

 

事前に医師から説明を受けるかしれませんが、これらの症状が現れたら逆に効いているというサインなので、好転症状の一つだと説明できます。

 

高濃度の酸素を吸って難聴の治療をしていく高気圧酸素療法という方法を採用している病院もあり、どんな治療法でも医師の指示に従って進めていけば問題はありません。

 

とは言え、ただの生理的な耳鳴りといった症状であれば、病院で注射を受けるほどではないので、このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)をおすすめします。

 

自然が育んだ植物成分由来のサプリメントとなっており、10,800円というお手頃な価格で販売されているので、是非美聴泉(びちょうせん)を試してみてください。