難聴に関する疑問

 

 

難聴に関する疑問について

このページでは、難聴に関する疑問をご紹介しているので、自分の症状に不安を抱いている方は、一度参照してみてください。

 

 

難聴の一番の原因は何なの?

難聴の一番の原因は老化で、約90%以上の原因を占めていると言われております。誰でも加齢によって老化現象が引き起こされるのは仕方がないですし、音を伝えている蝸牛の働きは弱まるので、難聴を絶対に防ぐことはできないのです。それでも、ストレスを溜め込まないようにしたり、ツボ押しで耳周辺の血行を良くしたりしていれば、ある程度回復させることは可能となっております。また、長時間に渡って大きな音に晒されたことで生じる騒音性難聴を患う方も多いので、自分が置かされている環境にも注意が必要です。

 

 

難聴は手術で回復できるの?

難聴の種類によっては、病院で手術を受けることにより、聴力を回復させることはできます。加齢が原因の老人性難聴は少々難しいものの、中耳炎といった病気が要因となって引き起こされた伝音性難聴であれば、手術による回復が見込めるのです。日本ではまだまだ一般的な治療とは言えませんが、重度の難聴で悩まされている方に適した人工内耳埋め込み手術も病院で行われており、海外では積極的に取り入れられているため、日本でも実施される回数は今後増えていくかもしれません。

 

 

聴力が低下するとどのように音が聞こえるの?

加齢によって聴力が低下し、老人性難聴が引き起こされると、高い音からだんだんと聞き取りにくくなるという特徴があります。個人差があるので一概には説明できないのですが、電子音といった高い音が聞こえにくくなり、初期症状では日常会話といった低い音には特に悪影響が生じないのです。しかし、症状が進行すれば、加齢によって低い音も聞き取りにくくなりますし、会話にも支障が生じる可能性があります。加齢によって衰えた聴覚を取り戻すのは難しいとしても、補聴器といった器具を活用することで、他人とコミュニケーションを取ることは十分にできるでしょう。

 

 

難聴になったらどのような補聴器を購入すれば良いの?

「耳が聞こえにくくなってどのような補聴器を使えば良いのか?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。音が聞き取りにくくなった方にとって、補聴器の存在は大きいですし、回復させるのは難しいとしても、日常生活をスムーズに送るためには欠かせない器具なのです。一概には言えないものの、補聴器の選び方としては、「耳に装着しても目立たない」「使いやすいかどうか」「価格がお手頃かどうか」「性能が良いかどうか」「雑音が入ってこないかどうか」といった点が挙げられます。現在では単純に入ってくる音を大きくするだけのアナログタイプの補聴器ではなく、雑音などを抑制してくれるデジタル式の製品も登場しているので、医師と相談して決めてみてください。

 

 

難聴の治療費はどのくらいなの?

病院で手術を受けるとなると、それなりの治療費がかかってしまいます。保険が適用されるのか、適用されないのかによって異なりますが、ある程度の費用は支払わなければならないのです。しかし、手術の必要がない突発性難聴の治療であれば、数回の耳鼻科への通院と初診料を含めて1万円程度で済みます。どのような症状にしても、突発性難聴を放置していると、どんどん病状が悪化し、聴力が回復しないというケースもあるので注意が必要です。

 

 

 

 


「難聴に関する疑問」に関するページ