難聴の人は早口の会話を聞き取りにくいの?

 

 

難聴の人は早口の会話を聞き取りにくいの?

「難聴を患っている人は早口の会話を聞き取りにくいの?」という疑問を抱えている方はいます。

 

難聴と一口に言っても個人の症状には違いが生じているので一概には説明できないものの、聞こえが悪くなるのは共通しているので早口の会話が聞き取りにくくなるかもしれません。

 

高齢者ならばだんだんと耳の機能が衰えていくため、家族と会話をしていて「何て?」「ん?」「何だって?」と聞き返すことが多くなります。

 

これは人間ならば自然な現象なので仕方がありませんが、若いうちにこのような症状が出るとコミュニケーションが取りにくくなり、「人と接するのが怖くなる」「電話を取るのに恐怖心を感じる」という状態で悩まされるのです。

 

このような現象が引き起こされるのは、耳の中に入った音を中枢で処理して脳に伝えるに当たり、その時間が長くなったからだと考えられます。

 

会話音声を瞬時に処理できなくなり、ゆっくりならば聞き取ることができても早口だと理解できないようになるのです。

 

他にも、左右の耳に達する音が時間的にずれ、上手く識別できないのも理由の一つかもしれません。

 

聞こえにくいのならばゆっくりと話してもらえば良いかもしれませんが、若者の場合は高齢者扱いされるのが嫌だと感じるはずです。

 

そこで、少しでも難聴の症状の緩和を図るためにも、当サイトでご紹介しているサプリメントの美聴泉(びちょうせん)をおすすめします。

 

難聴の治療には繋がらなくても、身体の内側から聞こえのトラブルの解消に繋げてくれるので是非一度美聴泉(びちょうせん)を飲んでみてください。

 

 

>>> 難聴や耳鳴りのトラブルに悩む方はコチラ

 

 

さて、早口の会話が聞き取れないのは難聴の特徴の一つで、もしかしたら突発性難聴かもしれません。

 

「聞こえのトラブルは高齢者が引き起こす」と考えている方はいますが、現代では若者でも突発性難聴を患う可能性があることが分かりました。

 

20代や30代といった年齢で生じるケースは稀ではないので、少しでも自分の症状に異変を感じたら一度病院を受診してみるべきです。

 

「声は聞こえるけれど聞き間違いが多くなった」「誰かと話す時に耳を近付けるようになった」「たった今聞いたことを思い出せないことがある」という症状に当てはまる方は、自己判断せずに専門医の診察を受けた方が良いでしょう。

 

生理現象として引き起こされるケースは意外と少ないですし、自然と解消されないこともあるので日常生活や仕事に支障が出る前に正しい対策を練ってみてください。

 

 

 

 


「難聴に関する疑問」に関するページ