難聴は回復するの?

 

 

難聴が回復するトレーニングについて

「難聴が回復するトレーニングはあるの?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

 

確かに、誰でも若い頃の聴覚を取り戻したいと考えるはずですし、耳が遠くなれば日常生活にも支障が出るので、回復させたいと考えるはずです。

 

加齢が原因の老人性難聴の場合、自宅でどんなトレーニングをしても聴力を回復させるのは少々難しいので、性能の良い補聴器などを上手く活用していかなければなりません。

 

しかし、突発性難聴であれば早めに病院で治療を行い、自宅でのトレーニングを積むことで、症状を回復させることは十分に可能となっております。

 

その方法の一つが積極的に難聴側の耳で音を聞くリハビリテーション療法で、その内容がアメリカの学術誌の「Scientific Reports」で発表されました。

 

確かに、突発性難聴を患ったら、ステロイド剤といった医薬品を服用しなければならないものの、聞こえにくくなった側の耳を使わず、正常な耳ばかりで音を聞き取るような生活を送っていると、脳の活動も抑制されてしまいます。

 

そのため、難聴になった耳を活用し、脳を活性化させるための病側耳集中音響療法というトレーニングを毎日行うことで、聴力が回復する可能性を少しでも高められるのです。

 

実際に、高音質のイヤホンを販売している「インコア」では、聞こえにくくなった耳を積極的に活用し、本来の耳の能力を取り戻すトレーニングが推奨されております。

 

1日に2時間以上に渡り、「インコア」の心地良いフル帯域の音を聞き、反対側の耳で聞いてしまわないように耳栓を行えば、何も対策をしない状態と比べて聴力は大分回復するはずです。

 

また、自宅で気軽に取り組める「今野式難聴改善エクササイズ」というDVDも通販では販売されており、難聴者の助けとなることは間違いないので、積極的に利用してみてください。


難聴が回復する食事について

難聴が回復する食事はあり、普段から栄養素のバランスに注意して食生活を送っていれば、難聴の予防にも繋がります。

 

数ある栄養素の中でも、難聴を患った人が摂取するべきだと言われているのがビタミンB12で、実際にめまいや耳鳴りといった症状を回復させるための医薬品に使われているのです。

 

過度なダイエットをしていたり、インスタント食品ばかり摂取していたりすると、ビタミンB12は不足しやすいので、レバーやチーズといった動物性食品や、サンマやアサリといった魚介類といった食事を食べるようにしましょう。

 

とは言え、肉類の中に含まれている脂肪は動脈硬化を進める原因となり、難聴の症状にも悪い影響が加わるかもしれないので、魚類を中心に摂取した方が良いです。

 

もちろん、他の栄養素のバランスにも気を配る必要があり、毎日の食事を見直していれば完治しないと言われている難聴でも、症状を回復させることは十分にできます。

 

また、今よりも難聴の症状を悪化させたくないのであれば、神経を興奮させる作用があるカフェインや、過剰なアルコール摂取は避けるようにしてください。

 

 

 

 


「難聴に関する疑問」に関するページ