難聴の方にできる仕事は?

 

 

難聴の方の仕事探しについて

難聴の方が最も不安になるのは仕事のことで、「仕事探しをどうしようか」「自分を雇ってくれるところはあるのだろうか」と考えるはずです。

 

個人の症状によって多少は異なるものの、軽度の難聴でも会話がスムーズにできないことはありますし、他人と会話をするだけで疲れ果て、仕事を続けられないという方はいらっしゃいます。

 

それに、難聴の方は年齢が若ければ人間関係で悩むことが多く、仕事をしていく上で人との関わりは避けて通れないため、嫌がらせにあって孤立していくというケースは少なくありません。

 

確かに、現代は就職氷河期と言われており、新卒の大学生ですら働く場所がないと嘆いているくらいなので、難聴者が仕事探しをするのは更に困難だということを頭に入れておくべきです。

 

それでも、絶対に仕事が見つからないというわけではありませんし、楽しく生活できる程度の収入を得るのは難しくても、英語のスキルを生かして在宅ワークをしている方はいらっしゃいます。

 

インターネットを使用するネットショップやアフィリエイトといった在宅ワークであれば、特に電話でコミュニケーションを取らなければならないということはないので、難聴者でもできる仕事の一つなのです。

 

とは言え、健常者と比べるとできる仕事の幅が狭くなるのは紛れもない事実で、対話でコミュニケーションをとっていかなければならない営業や調理といった仕事は難しいと説明できます。

 

難聴者が仕事探しを行い、一人で生きていくというのは大変なことですが、実際に実現している方はいらっしゃるので、一人でコツコツ行えるような仕事や、他者との接点が少ない仕事を探してみてください。


難聴者の仕事と求人について

難聴者の方はどのような求人情報を使用し、仕事を見つければ良いのか悩むはずです。

 

健常者であれば、リクナビや@typeといった転職サイトを利用し、情報収集も非常にしやすいので、自分が求める仕事に出会える可能性は非常に高くなります。

 

しかし、難聴といったように身体に障害を持った方や、母子家庭の女性にはあまり優しくないという特徴があり、障害を持っているというだけで跳ねられるケースもあるのです。

 

どの求人情報を使って書類を送っても、中々通らないこともありますし、難聴だということを伝えなければ経歴詐称として解雇させられるので十分に注意しなければなりません。

 

そこで、難聴者が仕事を見つけるには、ハローワークや役所に頼るのが実に適しております。

 

直ぐに仕事が見つかるほど甘くはありませんが、窓口で相談すれば応募できる会社は幾つかあるはずなので、根気良く探してみてください。

 

 

 

 


「難聴に関する疑問」に関するページ