難聴の人は転職できる?

 

 

難聴の人は転職できるの?

「難聴の人にメリットなんて一つもない!」と考えている方は多いのではないでしょうか。

 

確かに、身体のどこかに異常があるのはデメリットしかなく、難聴の弊害を以下では幾つか挙げてみました。

 

・相手の声を聞き取りにくくなって上手くコミュニケーションが取れなくなる

・「低い音だけ」「高い音だけ」と一定の周波数の音が聞こえにくくなる

・音が歪んで聞こえるので不快感が大きくなる

 

人と上手くコミュニケーションを取れなくて対人関係を築けないのは最大のデメリットで、「難聴の人は仕事ができるの?」「難聴の人は転職できるの?」と疑問を抱えている方は少なくありません。

 

現在では不況の煽りを受けて普通の人でさえ転職活動が難しいため、難聴の人にとってハードルが高いのは事実ですね。

 

しかし、難聴だからといって仕事が一切できないわけではなく、「自分が夢中になれるもの」「苦痛を感じないもの」と仕事を選んでいれば日常生活を送れます。

 

そもそも、難聴だからといって全ての音が遮断されるわけではないので、努力を続けられる仕事に出会うことができれば転職も夢ではないでしょう。


難聴の人が転職する際に押さえておくべきポイント

以下では難聴の人が転職するに当たり、押さえておきたいポイントを幾つか挙げてみました。

 

近年では突発性難聴を患う方が多く、「自分はもうダメだ・・・」と投げやりな人生を送っている方は少なくありません。

 

ショックで何もかも投げ出したくなる気持ちは十分に分かりますが、障害の程度によっては転職でそこまで不利にならないケースもあります。

 

難聴だからと仕事を諦めるのは早いので、どんな点を心掛ければ良いのか見ていきましょう。

 

・自分の難聴の症状や程度を把握し、日常生活で不自由だと感じる部分を把握する

・体調面を考えて今後長続きできる会社を転職サイトや転職エージェントで探す

・面接を受ける時は自分が難聴だと伝え、「今補聴器を使っていますので、聞き直したりすることもあるかと思いますがご承知ください」と丁寧に添える

・障害手帳を取得して転職先の企業や会社を探すことも視野に入れる

 

難聴だから仕事が見つからないと言い切ることはできず、補聴器を装着しながら働いている人がいるのが何よりの証拠ですよ。

 

コールセンターやテレアポといった仕事は難しくても、今の自分にできることを考えて少しずつ転職活動を始めてみてはいかがでしょうか。

 

大手の転職サイトのDODA(デューダ)では、難聴の人でも応募できる求人が幾つかありました。

 

アイエスエフネットジョイなど聴覚障害者の就職や転職をサポートしているサービスもたくさんありますので、難聴の自分が無理なく働くことができる仕事を探してみてください。


サプリメントで難聴の症状を緩和しよう

難聴の症状を少しでも緩和したいのであれば、サプリメントの摂取をおすすめします。

 

サプリメントで難聴を治療できるわけではないものの、身体の内側から聞こえに欠かせない栄養素を補うことが可能です。

 

少しでも症状を和らげることができれば、仕事で支障を感じることは少なくなるのではないでしょうか。

 

インターネット通販では、聞こえのトラブルでお悩みの方に適したサプリメントの美聴泉(びちょうせん)が人気を得ています。

 

美聴泉(びちょうせん)は天然の成分で作られていて安全性が高いのが魅力的なポイントですので、どう対策すれば良いのか分からない人は一度飲んでみてください。

 

 

>>> 難聴や耳鳴りのトラブルに悩む方はコチラ

 

 

 

 


「難聴に関する疑問」に関するページ