難聴の人は運転免許を取得できるの?

 

 

難聴の人は運転免許を取得できるの?

「難聴の人は運転免許を取得できるの?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

 

平成20年の6月に道路交通法が改正され、その結果補聴器を使用して合格基準に満たないとしても、ワイドミラーを設置したり聴覚障害者標識を表示したりすることで普通乗用車を運転できるようになりました。

 

難聴者は普通乗用車しか運転できず、大型トラックは該当しないものの、運転免許を取得できるわけです。

 

その後、平成24年の4月には運転席から確認しづらい死角を写すための特定後写鏡(ワイドミラーまたは補助ミラー)を装着すれば、標識を表示することで普通貨物を含む普通自動車運転免許を取得できるようになりました。

 

聴覚障害者のための標識は緑色で蝶々の図柄が描かれており、周囲の運転者に警音器の音が聞こえないことを知らせていれば運転できます。

 

もし、補聴器を用いても10メートルの距離で90デシベルの警音器の音が聞こえないという難聴者は、教習所に入る前に運転免許センターで運転適性診断を受けましょう。

 

そして、以下のような流れで運転免許を取得する形となります。

 

 

@教習所の技能教習でワイドミラーの適切な活用について学ぶ

A危険を認知できない道路交通状況について指導を受ける

B運転免許を取得するための試験を受ける

C取得後はワイドミラー(特定後写鏡)を装着し、聴覚障害者標識を表示する

 

 

このように、道路交通法の改正によって、難聴者でも運転免許を取得して自由に車を運転できるようになりました。

 

ミラーを設置したり標識を表示させたりと幾つかの条件がありますが、それを全て満たしていれば健常者と同じように運転できるのです。

 

運転できる車両の種類も以前と比較して増えましたし、原動機付自転車や普通自動二輪を運転することもできます。

 

また、難聴者自身が車の運転についての知識を身に付けるだけではなく、周りの健常者も難聴者に対する理解を深めなければなりません。

 

例えば、難聴者は幅寄せに対して危険の察知が遅れる可能性があるため、これを保護しなければならないのです。

 

聴覚障害者標識を表示した車に対して割り込みや幅寄せといった嫌がらせを行うと、「5万円以下の罰金」「6,000円の反則金」「基礎点数1点の減点」といった罰を受ける形となります。

 

聴覚障害者標識を表示した自動車への配慮を怠らないことで事故を未然に防げるので、難聴の人が運転している標識がどのような柄なのか事前に確認しておいてください。

 

 

 

 


「難聴に関する疑問」に関するページ