補聴器による難聴の治療

 

 

補聴器による難聴の治療について

聴力の低下によって難聴を引き起こし、聞こえにくくなってしまったという状態をサポートしてくれるのが補聴器で、耳に関連する病気の治療で使われております。

 

加齢によって聴力に衰えが生じる老人性難聴の場合、補聴器を使っても根本的な治療には至らないものの、会話をスムーズにしてくれるという効果は得られるので、日常生活のサポートに繋がるのです。

 

耳に入ってきた音を大きくして伝えるという効果や、入ってくる音を機械の中で加工して聞き取りやすくしてくれるという機能もあり、うるさいと感じる音の緩和も可能なため、耳鳴りの治療にも補聴器は使われております。

 

難聴の根本的な治療には繋がらないとしても、「相手とスムーズと会話できない」「他人の話を何度も聞き返してしまう」ということが日常的に繰り返されるのは辛いので、高齢者の方は補聴器による治療を試みた方が良いでしょう。

 

神経の機能は年齢によって低下していきますし、若い頃と比べて聞き分ける能力が下がるのは誰でも同然のことなので、加齢が原因の難聴は補聴器の使用で補うのがベストというわけです。

 

耳の穴に装着して鼓膜を振動させるタイプの補聴器や、チタン製の端子を埋め込む骨固定型補聴器(BAHA)など、現在では様々な種類の補聴器が取り入れられております。

 

補聴器の種類によって異なるものの、基本的には高感度で高性能のマイクロホンで聞こえる音を集め、音を拡大したり強さを調節したりするアンプでコントロールし、スピーカーで鼓膜に音が届けられるという仕組みです。

 

補聴器を使ったとしても、昔のように快適に音を聞き取れるというわけではありませんが、毎日をサポートしてくれる機械ということには変わりないので、難聴や耳鳴りの治療に用いた方が良いかもしれません。

 

事前に医師から説明を受けるはずですが、補聴器の選び方は重要な要素の一つとなっており、値段だけではなく実際に装着した時の感触が大事です。

 

これから補聴器を装着して生活を送ることになるので、耳の辺りに不快感を覚えるような製品ではストレスが溜まりますし、小さすぎると目の悪い方にとって操作が困難になるので、使いやすいものを選ぶ必要があります。

 

現在では、手術によって端子を埋め込むタイプの補聴器が取り入れられておりますし、高価な機械も続々と登場しておりますが、高ければ快適に聞こえるわけではないので、医師と相談して慎重に決めるようにしましょう。

 

わが国日本では、補聴器の普及率が未だに低く、これは難聴や聴力低下といった現象は自覚しにくく、健康診断ではっきりとした数値が出るわけではないので、放置してしまうことが原因だと説明できます。

 

自覚症状がないうちは補聴器を使用して治療するという考えには至りませんし、「年寄りくさい」というネガティブなイメージも普及率を下げている大きな原因です。

 

聴力の低下を自覚してから実際に補聴器を使用するまでにかかる歳月が長いというデータが出ておりますが、老人性難聴の場合は自然に治ることは基本的にないので、補聴器を上手く活用するようにしてください。