難聴の治療は保険適用される?

 

 

難聴の治療は保険適用されるの?

難聴の治療は保険適用されるのかどうか、疑問を抱えている方は少なくありません。

 

「これは保険が適用されるでしょ?」とイメージしている治療でも、実は美容整形やレーシックと同じ自由診療で、健康保険が適用されず自己負担となるケースは少なからずありますよ。

 

そもそも、難聴として最も代表的な突発性難聴の症状を和らげるに当たり、どのような治療法が採用されているのか幾つか見ていきましょう。

 

・ステロイドホルモンの漸減療法を血漿増量剤の点滴と合わせて投与する

・ビタミン溶液やATP製剤溶液を1週間〜10日間に渡って投与する

・聴力が回復しない場合は高圧酸素療法や星状神経節ブロックを検討する

・失われていた聞こえを取り戻す人工内耳の埋め込み手術を受ける

 

突発性難聴と診断されたからといって、いきなり病院やクリニックで手術が行われるわけではありません。

 

最初はステロイドホルモンやビタミン剤、血流や代謝を良くする薬を患者さんに投与して様子見を行い、症状の緩和を見ながら高圧酸素療法や星状神経節ブロックや人工内耳の埋め込み手術といった治療を検討する流れです。

 

治療の方法によって異なりますので一概には説明できないものの、難聴の治療法の中には保険適用されるものがあります。

 

投薬療法だけではなく、平成6年から人工内耳の埋め込み手術が保険適用となりました。

 

人工内耳の埋め込み手術は難聴で失われた聞こえを取り戻す治療法で、どのくらいの費用で受けられるのか目安を見ていきましょう。

 

・全て自費で負担すると仮定すると総額で400万円が必要となる

・人工内耳が約260万円、手術費用が40万円、入院費が100万円という内訳

・1台目の場合は健康保険や高額療養費制度の適用で1万円〜10万円の自己負担となる

・2台目からは自由診療となるため、高額な費用が発生する(費用の詳細は医療機関や各市区町村の担当窓口に問い合わせる)

 

手術の費用だけではなく、電池代やスピーチプロセッサなど人工内耳を維持するためのお金もかかります。

 

それでも、1台目は保険の適用によって難聴で悩む方が気軽に治療を受けられるようになりました。

 

聞こえを回復させて日常生活を快適に送ることができますので、「もう自分の耳はダメだ・・・」と諦めずに病院やクリニックに在籍している医師に一度相談してみてください。


保険適用で補聴器を安く購入することは可能!

難聴の治療だけではなく、補聴器も保険適用で安く購入することが可能です。

 

補聴器は難聴自体を治療できる方法ではないものの、聞こえを良くすることで日常生活を今まで以上に快適に過ごすことができます。

 

難聴者にとって欠かせない機器ですので、補聴器を装着するのは選択肢の一つですね。

 

以下では、どのような方法で補聴器を安く購入できるのか幾つか挙げてみました。

 

・身体障害者福祉法も包括された障害者総合支援法で、指定の耳鼻咽喉科判定医の検査を受けると補助金が与えられる

・「聴力が30デジベル以上」「市税に滞納がない世帯に属している」といった条件のクリアで自治体から助成金が貰える

・日常生活で最低限の用を足すために提供される義手や義足と同じように、補聴器購入の医療費控除が適用される

・動産総合保険のサービスがある保険に加入している方は、受託賠償責任保険などの医療保険が適用される

・薬事法で定められた医療器具なため、補聴器自体には消費税がかからない(乾燥ケースや電池は課税対象となる)

 

保険制度や補助金制度を利用すれば、金銭的な負担を抑えて補聴器を導入できます。

 

補聴器の補助金や保険に関して何か悩みを持っている方は、早めに専門家に相談した方が良いでしょう。

 

また、難聴で悩んでいる方は補聴器で日常生活を快適に送るだけではなく、聞こえのトラブルを改善するサプリメントの摂取で症状を緩和するのも選択肢の一つです。

 

「サプリメントなんて気休めなのでは・・・」とイメージしている方は少なくありません。

 

しかし、栄養不足や血行不良が引き金となって聞こえのトラブルが悪化しているケースは皆さんが想像している以上に多いので、サプリメントで体質改善を図るのは効果的です。

 

数多くのサプリメントの中でも美聴泉(びちょうせん)は自然派成分を数多く含む健康補助食品ですので、難聴で悩んでいる方は是非一度飲んでみてください。

 

 

>>> 難聴や耳鳴りのトラブルに悩む方はコチラ