難聴の兆候

 

 

難聴の兆候について

難聴を患っている兆候がどのようなものなのか、高齢者の方ほど気になるはずです。

 

基本的に、難聴は年齢を重ねるとともに引き起こされやすくなりますし、老化によって聴覚の機能は衰えていくはずなので、ある程度の兆候を知っておくことは大事だと説明できます。

 

個人によって症状は異なるので一概には説明できないものの、「耳鳴りが頻繁に引き起こされるようになった」「会話で聞き返すことが多くなった」「テレビやラジオの音量が大きいと指摘された」というのが難聴の兆候です。

 

耳鳴りは生理的な現象として引き起こされることがあるので何とも言えないのですが、聴力が衰えて音を拾いにくくなっているからこそ、会話を聞き返すことが多くなります。

 

今までは普通に他人とコミュニケーションをとれていたのにも関わらず、上手く会話ができなくなったのであれば、難聴が引き起こされているかもしれないと考えた方が良いかもしれません。

 

また、高齢者だけではなく、赤ちゃんの難聴の兆候も早めに把握しておくことが大事で、遺伝性の難聴に悩まされているのであれば、早急に対策を練る必要があります。

 

親御さんが赤ちゃんの異常に気付かずに症状を放置すると、話し言葉を学ぶ力に大きく影響し、生活の質にも関わってくるのです。

 

生まれて数ヶ月程度が経つと、赤ちゃんは自然と声のリズムや音を認識できるようになり、お母さんが話しかけると「アー」「ウー」という声でクーイングします。

 

生後直ぐは音がする方向に顔を向けて反応し、生後2ヶ月程度は声の高さを聞き分けられるようになり、生後3ヶ月も経つと母音を発声できるようになるのです。

 

このような反応を赤ちゃんがしていれば難聴の可能性は低いので問題ないのですが、新生児聴覚スクリーニング検査で再検査になったり、お母さんが話しかけているのにも関わらず反応しない場合は、難聴を患っている兆候だと考えた方が良いでしょう。

 

成長して幼児期になり、「音が反応する方向が分からずにキョロキョロとする」「言葉を上手く発することができない」「小さな音を聞き返す」という兆候が見られた場合も、病院で精密聴力検査を受けるべきです。

 

自分の子供に障害があると分かると、どの親御さんでもショックを受けてしまうかもしれませんが、早めに対策を行えば聴力が回復することも十分にあり得ます。

 

病院へ行かずに放置していると、どんどん症状が重くなるかもしれないので、専門医の指示に従って処置を施していかなければならないというわけです。

 

 

 

 


「難聴の検査」に関するページ