難聴に関して実施したアンケート結果

 

 

難聴に関して実施したアンケート結果をチェック!

難聴の症状や年齢に関して、一体どんな人が悩まされているのか気になっている方は多いのではないでしょうか。

 

確かに、「耳の片方が一時的に聞こえなくなってしまった」「耳鳴りが酷くて日常生活に支障が出ている」「誰かと話している時に聞き返すことが多くなった」と悩んでいる方はたくさんいます。

 

難聴は加齢による老化現象の一つですので、100%予防できるような方法はありません。

 

それでも、「何で自分だけがこんなに苦しまなければならないの?」と疑問を持つのは決して不思議ではないのです。

 

以下では、難聴や補聴器に関する日本で実施された大規模なアンケート調査の「Japan Trak2012」についてまとめてみました。

 

EHIMA(欧州補聴器工業会)の協力を得て15,000人以上を対象に行った信憑性のあるデータですので、症状の悪化で悩んでいる方は難聴に関する知識を少しでもつけてみてください。

 

<自分が難聴だと思っている人の割合>

74歳以上:43.7%

65歳〜73歳:18.0%

55歳〜64歳:10.8%

45歳〜54歳:6.6%

35歳〜44歳:3.6%

25歳〜34歳:2.6%

15歳〜24歳:3.5%

14歳以下:0.6%

 

 

<難聴を自己申告している人の国別の割合>

日本:10.9%

ドイツ:12.5%

イギリス:9.1%

フランス:9.4%

アメリカ:11.3%

 

 

<補聴器の使用率>

65歳以上:17.1%

45歳〜64歳:6.3%

44歳以下:11.5%

 

 

<補聴器の仕事での優位性>

全く役に立っていない:12%

少しは役に立っている:46%

大変役に立っている:42%

 

 

<補聴器の国別の満足度>

日本:365

ドイツ:77%

イギリス:72%

フランス:80%

アメリカ:74%

 

このデータを見てみて、難聴や補聴器に関して様々な事実がお分かり頂けたのではないでしょうか。

 

難聴だと思っている人の割合は、皆さんの予想通り年齢を重ねるにつれて増えていきます。

 

若者で難聴を実感している人が少ないのは、まだ耳の機能が衰えていないのが大きな理由です。

 

「聞こえにくい」「会話ができない」といった症状を改善する手段の一つが補聴器の使用なのですが、日本は他の国と比べて満足度が低いことがアンケートの結果で分かりました。

 

日本で開発されている補聴器の機能が他の国と比べて著しく劣っているわけではありませんし、なぜ日本の満足度が低いのか謎ですね。


難聴の症状をサプリメントで和らげよう

アンケート結果からも分かる通り、重度の難聴の症状で悩んでいるのであれば補聴器の使用は欠かせません。

 

日本での満足度全体で見てみると数値は非常に低いのですが、「仕事で役に立っている」と効果を実感している人が多いのは紛れもない事実です。

 

しかし、難聴や耳鳴りの症状は必ずしも病院で治療したり補聴器を使ったりしなければならないわけではなく、サプリメントの摂取で和らげることができます。

 

サプリメントの美聴泉(びちょうせん)には耳のトラブルに良い成分や栄養素がたっぷりと含まれていて、身体の内側から症状を緩和するケアが可能です。

 

少しでも聴こえを良くするサポート的な存在にはなりますので、是非一度美聴泉(びちょうせん)を飲んでみてください。

 

 

>>> 難聴や耳鳴りのトラブルに悩む方はコチラ

 

 

 

 


「難聴の検査」に関するページ
難聴の兆候
難聴の特徴
難聴と人混み
難聴かどうかチェックしよう
・難聴に関して実施したアンケート結果