難聴の特徴

 

 

難聴の特徴について

難聴と聞くと、多くの方が「耳が聞こえない聴覚障害」という概念を抱いており、確かに音が聞き取りにくくなる現象なので、間違いではありません。

 

しかし、一口に難聴と言っても様々な種類があり、それぞれ症状には違いが生じているので、全く耳が聞こえない方がいれば、ある程度の音は聞き分けられる方もいらっしゃいます。

 

そこで、このページでは様々なタイプの難聴の特徴を記載しているので、チェックしてみてください。

 

 

 

伝音性難聴

外耳と中耳に障害があり、その影響で音が聞き取りにくくなっている状態が伝音性難聴です。

 

神経には異常がないため、音が全く聞こえないという方は少なく、補聴器を使用すれば普通に会話ができますし、治療で治る可能性も高いという特徴があります。

 

急性中耳炎や滲出性中耳炎、外耳道閉鎖症といった病気で発症することが多く、病気が治れば自然と難聴の症状も回復していきます。

 

 

感音性難聴

内耳や聴神経の機能障害によって引き起こされるのが感音性難聴で、上記の伝音性難聴と比べると、治療が困難という特徴があります。

 

内耳にある有毛細胞が損傷したり劣化したりすることで引き起こされ、神経系に異常が生じているため、回復が難しいというわけです。

 

とは言え、日常生活に気を配ることで、症状の悪化を食い止められるので、対処療法を行うためにきちんと病院で指示を受けなければなりません。

 

 

老人性難聴

加齢が原因で引き起こされる難聴が老人性難聴で、最も多いタイプの病気だと考えられております。

 

年齢を重ねることによって、蝸牛にある感覚細胞や聴神経に何かしらの障害が生じることが多く、致し方ない現象だと言えるかもしれません。

 

個人差はありますが、最初に高音部分が上手く聞き取れなくなり、だんだんと低い音域にまで広がっていくという特徴があります。

 

 

騒音性難聴

騒音の下で長期間に渡って過ごしたことが原因で、聴力低下を引き起こした状態を騒音性難聴と呼んでおります。

 

内耳の蝸牛が大きな音によって異常を来たし、耳鳴りを伴う難聴に悩まされやすいのが特徴です。

 

 

先天性難聴

妊娠中に起きたウイルス感染などにより、赤ちゃんが難聴を患った状態で生まれてくることがあります。

 

このような難聴を先天性難聴と呼んでおり、発見が遅れると言語の習得に支障を来たすので注意が必要です。

 

小さな赤ちゃんの場合は自分で意思表示ができないため、「声を掛けても振り向かない」「大きな音がしても反応がない」という場合は、早めに病院を訪れた方が良いでしょう。

 

 

 

 


「難聴の検査」に関するページ