難聴の治療期間

 

 

難聴の治療期間について

難聴の治療期間は個人によって違いが生じており、しかも難聴は1種類というわけではなく、幾つもの種類に分けられているので一概には説明することができません。

 

加齢によって生じる老人性難聴であれば、年齢による聴力の低下が大きな原因なので、どのような治療を施しても対処療法にしかならず、治療期間は決まっていないと説明できます。

 

一度失った聴力を復活させるのは難しいことですし、加齢による聴力の低下は致し方ないことなので、日常生活にトラブルが生じないように、補聴器を装着したり薬を服用するという治療が一般的なのです。

 

一方で、厚生労働省が難病としている突発性難聴は、早めに治療を開始することが最も大事だと考えられており、他の症状と比べて治療期間は短くなっております。

 

そもそも、突発性難聴とはある日突然片方の耳の聴力が失われるという病気で、何の前触れもないということで、未だに原因不明の難聴なのです。

 

しかし、研究によって少しずつ突発性難聴のメカニズムは解明されており、発症してから1ヶ月が経過するとほとんど治らず、しかも最初の2週間という期間で症状が回復しなければ駄目だと考えられております。

 

最初の2週間で症状が回復しないという方は、そのまま聴力が失われるというケースもあるため、治療の開始を早めなければならないということはお分かり頂けるはずです。

 

突発性難聴を治すために入院したとしても、最初の2週間が大事なので、治療期間は約1ヶ月程度ですし、そこまで症状が重くないという方であれば2週間程度投薬治療を続けるだけとなっております。

 

「仕事が忙しい」という理由で、どうしても入院が困難という方に限り、個人の症状に適した医薬品を処方し、自宅で安静に過ごすようにと医師から詳しく説明があるはずです。

 

とは言え、自宅で安静にしているのと、病院のベッドで安静にしているのとでは大きく異なり、病院では看護師さんが見ていてくれるので、自分の身体のことを一番に考えるのであれば入院を選択した方が良いでしょう。

 

突発性難聴の場合、どちらでも治療期間に差が生じるというわけではありませんが、自宅での治療よりも入院した方が圧倒的に症状が回復する確率を高められるのです。

 

どんなに長くても突発性難聴の治療期間は3ヶ月程度ですし、早めに病院を受診してどのような治療を選択すれば良いのか医師と話し合うことが重要なのは一緒だと説明できます。

 

このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)は、聞こえのトラブルの予防に適しておりますが、突発性難聴の治療効果は特にないので、必ず病院を受診するようにしてください。