薬が原因の難聴

 

 

薬が原因の難聴について

病気の治療を行うための薬剤が原因で難聴を引き起こすという方はおり、副作用によって耳の機能が失われるという特徴があります。

 

「ストレプトマイシン」「ゲンタマイシン」「抗がん剤」「利尿剤」といった薬の副作用が原因で難聴の症状が悪化し、音が聞こえにくくなってしまうというわけです。

 

薬の種類によって、蝸牛に障害が引き起こされるものと前庭半規管に障害が起こるものなどに分けられ、難聴以外の症状に悩まされることもあるので注意しなければなりません。

 

薬の副作用を甘く見ている方はいらっしゃいますが、使い方を一歩でも間違えるだけで危険に晒されることもあるので、薬が原因の難聴を防ぐために用法と用量の説明をしっかりと医師に尋ねる必要があります。

 

普通の病院であれば、医薬品を患者さんに処方した場合は、医師や薬剤師から何かしらの説明を受けるはずなので、自分の判断で服用しないように注意するべきです。

 

「効果が薄いから飲む量を増やしてみよう」「飲む回数を増やせば病気が治るかも」という安易な考えをしないように気を付けましょう。

 

このような薬が原因の難聴は薬剤性難聴と呼ばれており、「音が聞こえにくい」「キーンという音が耳の中でする」「耳の閉塞感を覚える」という症状が引き起こされます。

 

個人によって引き起こされる症状には違いが生じているものの、薬による副作用で空気の振動を電気信号に変える内耳が傷害を受けるという点では一緒です。

 

代表的な解熱鎮痛剤のアスピリンや、尿を多く出すうように促すループ利尿薬を服用すると、難聴が起こるケースが多く、服用を中止することで症状は改善されていきます。

 

しかし、自分の判断でそのまま服用を続けると、もしかしたら聴力が固定されるかもしれないので、医師から処方された医薬品で不快な症状が引き起こされた場合は、速やかに病院を受診するべきです。

 

難聴の症状を引き起こしやすい高齢者に内耳毒性のある薬を処方する場合は、薬剤を与える前に検査が行われるケースが多く、投与中も繰り返して副作用が生じるのを未然に防ぎます。

 

平衡機能検査や純音聴力検査で薬剤性難聴だと分かっても、他の種類の難聴のようにビタミン剤や血流改善剤による治療効果は得られないため、薬剤の投与を中止するしかないのです。

 

とは言え、耳が聞こえにくくなったからといって、自分の判断で処方されている薬の量を減らすのは危険なので、今後どのような対処をしていけば良いのか医師に尋ねるようにしてください。

 

 

 

 


「薬が原因の難聴」に関するページ