薬の副作用による難聴

 

 

薬の副作用による難聴について

周りの音が聞こえにくくなる難聴は、年齢を重ねるとともに引き起こされるだけではなく、薬の副作用によって生じる場合があります。

 

何かしらの病気の治療に対して用いた薬の副作用により、発生する難聴のことを薬剤性難聴と呼んでおり、このような医薬品には内耳毒性があるため、別の不快な症状が引き起こされることもあるので危険です。

 

専門医の指示に従って医薬品を服用していれば、大きな副作用に悩まされる可能性は低いですし、用法と用量を守っていれば苦しむことは少ないと説明できます。

 

しかし、自分の判断で量や回数を増やしたりと、勝手な服用方法を実践していると、副作用による薬剤性難聴が酷くなるかもしれないので、十分に注意した方が良いでしょう。

 

難聴を引き起こす医薬品には幾つか種類があるので、全てを説明することはできないものの、「アミノグリコシド系の抗菌薬」「シスプラチンを代表とする抗がん薬」「フロセミドを代表とする利尿薬」「アスピリンを代表とする解熱消炎鎮痛薬」が挙げられます。

 

個人の体質によって異なるのですが、これらの薬を服用した時に副作用が発生する割合が高く、「聞こえにくい」「ピーンという音がする」という難聴や耳鳴りが生じるのです。

 

どのような薬にしても、医薬品の副作用によって内耳が何かしらの傷害を受けており、その影響で薬剤性難聴が発生するというメカニズムになっております。

 

副作用が現れたら、ステロイド剤といった別の医薬品で難聴を打ち消そうと思ってもあまり大きな効果が得られず、元々の医薬品の服用を止めるしか難聴を抑える手立てはありません。

 

とは言え、元々の病気を治すために医薬品を服用しているはずなので、今後続けていくのか別の薬を服用するのか、素人では判断し兼ねるため、早めにかかりつけの医師に相談した方が良いです。

 

また、突発性難聴を治すために病院を受診すると、基本的に薬を使った治療が行われており、どの種類の医薬品にも副作用が存在します。

 

炎症やアレルギーを抑える「リンデロン錠」、脳部の血行を改善したりめまいを治す「アデホスコーワ」、末梢神経障害を改善する「メチコバール」など、個人の体質に合ったものが処方されるのです。

 

どのような薬を使って治していくにしても、副作用に悩まされるというケースは十分にあり得るので、あまりにも症状が辛いという場合は専門医に相談してみてください。

 

薬の副作用が怖いからといって、勝手な判断で服用を中止すると、本来の目的である突発性難聴を治療できなくなるので注意が必要です。

 

 

 

 


「薬が原因の難聴」に関するページ