難聴のメカニズム

 

 

難聴のメカニズムについて

難聴は種類によって身体の異常が生じている場所に違いがあるのですが、基本的には耳の機能障害が引き起こされるというメカニズムになっております。

 

特に、加齢によって引き起こされる老人性難聴は、年齢を重ねたことで耳の機能が若い頃と比べて衰え、その影響で音が聞き取りにくくなるというメカニズムです。

 

加齢現象なので絶対に防ぐことはできませんし、65歳以上の約50%が何かしらの難聴症状を患っているというデータがあるので、仕方ない病気だと言えるかもしれません。

 

それでも、老人性難聴だからといって、全ての音が聞き取れなくなるわけではなく、相手が少し大きな声で話してくれれば健常者との会話が可能だという方はいらっしゃいます。

 

俗に「耳が遠くなる」と言われているのがこの老人性難聴で、10代の頃は20Hz〜20000Hzの音を聞けていたのに対し、20代を過ぎた辺りからだんだんと有毛細胞の働きが悪化し、中年期には10000Hz以上の音が聞こえなくなるのです。

 

この段階ではまだ日常生活に支障はないものの、老人性難聴を患った方は聞こえるHzの数値がどんどん下がり、聞き取りにくくなるというメカニズムになっております。

 

内耳から聴神経まで傷んでいるという特徴があるので、聴力を回復させるのは困難ですが、補聴器を装着すれば個人の症状によっては会話ができますし、耳鳴りを抑える効果も得られるのです。

 

また、老人性難聴に関わらず、突発性難聴や騒音性難聴など、他の種類の症状にも言えますが、伝音性難聴・感音性難聴・混合性難聴の3つに大きく分けられます。

 

簡単に説明すると、伝音性難聴は音を伝える役割を果たす外耳や内耳に異常が生じており、感音性難聴は音を聞き分けるための内耳から聴神経にかけての機能に問題があるのです。

 

感音性難聴は症状が重く、治療が困難だと言われているものの、伝音性難聴は音を聞くための神経には異常が来たされていないので、治療で聴力を回復することは十分にできるでしょう。

 

最後の混合性難聴は、両方の部位に原因がある難聴のことを指しており、どちらの度合いが強いのかは個人によって異なります。

 

以上のようなメカニズムで難聴は引き起こされるという特徴があり、高齢者だけではなく、突発性難聴の場合は若者でも生じることがあるのです。

 

もちろん、高齢者の方が患うリスクは高まるので、少しでも聞こえのトラブルを予防するために、当サイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)をおすすめします。

 

1日3粒のサプリメントを飲むだけで、天然成分によって聞こえのトラブルを解消してくれるので、是非美聴泉(びちょうせん)を試してみてください。

 

 

 

 


「難聴のメカニズム」に関するページ