難聴とダイビング

 

 

難聴とダイビングについて

素人でも手軽に海中の景色や海の中での浮遊感を楽しめるということで、ダイビングは一昔前から流行しております。

 

しかし、スキューバダイビングは登山やスカイダイビングとは異なり、物凄く大きな圧変化を受けるので、難聴を患うリスクがあると頭に入れておくべきです。

 

中耳腔の空気を調節しなければ、僅か水深3メートルで鼓膜が破れてしまうという特徴があり、事前に説明を受けるはずですが、正しい知識を持って臨まなければなりません。

 

大よそ、ダイビングでは水中30メートル程度まで潜るケースが多く、その場所では4気圧の水圧が加わり、中耳腔内の体積は4分の1程度になります。

 

そして、耳抜きを行って不足した空気を中耳に送りこまなければならず、これが上手くできないと鼓膜や内耳窓といった部位が外側から内側に引っ張られ、大きな刺激が加わるという仕組みです。

 

実際に、ダイビングで引き起こされる事故の多くが、耳抜きできなくて潜った際に生じ、音が一時的に聞こえにくくなる難聴だけではなく、「耳が痛い」「耳閉感」「めまい」「鼓膜穿孔」といった原因となります。

 

耳抜きの方法は2種類あり、その一つがバルサルバ法と呼ばれるもので、鼻を摘んで力を入れることで鼻腔内の内圧を高め、中耳腔に空気を送り込むのです。

 

この方法を実践しているという方は多くいらっしゃいますが、中耳腔に大きな圧力が加わり、耳管周辺のうっ血を引き起こしやすいというデメリットがあるので、耳抜きが途中でできなくなることもあるでしょう。

 

そこで、唾を飲み込むことで耳管を開かせ、空気を入れるというフレンツェル法・トインビー法が最適で、身体に負担をかけることなく安全に耳抜きができるというメリットがあります。

 

少々コツのいる方法ですが、エレベーターで急激に高層階に行った際、耳鳴りのような症状が引き起こされて不快に思い、無意識のうちに唾を飲み込んで耳抜きをしたことのある方はいらっしゃるはずです。

 

ダイビングでこのような耳抜きをしっかりと行っていれば、難聴が引き起こされることはありませんし、耳の痛みに繋がることもないので、安心して海の中の爽快感を楽しむことができます。

 

また、既に難聴を患っている方でも、ダイビングを体験できますし、実際に楽しんでいるという方は多くいらっしゃるのです。

 

しかし、上記で説明した耳抜きができなければ、難聴の症状が悪化するかもしれないので、事前にインストラクターの方に相談するようにしてください。

 

 

 

 


「難聴のメカニズム」に関するページ