難聴と飛行機

 

 

難聴と飛行機について

飛行機に乗って難聴のような症状を訴えている方はいらっしゃますが、これは耳抜きして空気圧を調節できていないことが原因です。

 

私たちの中耳の中には、鼓室と呼ばれる部屋があり、耳管と鼻の奥で繋がっております。

 

外の空気がこの場所に出入りすることで、中耳と外耳の圧力は均衡に保たれており、唾を飲み込んだりするとそのコントロールが自然に行われているという仕組みです。

 

飛行機に乗った際、中の圧力は一定に保たれているものの、上昇したり下降したりする際は一気に高度が変わるため、飛行機の中でも圧力に変化が生じ、耳抜きを行って中耳腔に空気を送り込まないと難聴や耳鳴りのような症状に悩まされます。

 

飛行機に乗った時だけではなく、ダイビングや登山など、気圧の変化が著しい場所に足を運んだ際は、自分の唾を飲み込んで耳管を開かせるフレンツェル法・トインビー法を行わなければなりません。

 

耳抜きの方法でフレンツェル法・トインビー法が最も簡単となっており、エレベーターで高層階に上がった際に耳に違和感を覚えるということで、無意識に唾を飲んで空気を送り込んでいるという方はいらっしゃるはずです。

 

まあ、飛行機が原因の難聴は一時的なものですし、仮に耳抜きが上手く行えなかったとしても、重い病気に発展するというケースはほとんどないでしょう。

 

しかし、耳管の機能が上手く働かないことが原因の航空性中耳炎に悩まされている方はおり、放置すると滲出(しんしゅつ)性中耳炎を招く結果になるので、十分に注意しなければならないのです。

 

そもそも、飛行機に乗って気圧の変化を体感していると、鼓室の空気が入れ替わることなく、振動を中耳に伝えることができないため音も伝わらず、一時的に聞こえにくくなる難聴に悩まされます。

 

上昇時は唾を飲み込む耳抜きで改善できるかもしれませんが、下降時は鼻を摘んで息を吐くようにするバルサルバ法を行うと、耳管が狭窄するのを防ぎ、難聴のような症状は自然と改善されるはずです。

 

もし、飛行機から降りたのにも関わらず、難聴や耳鳴りといった症状が続くのであれば、急性の耳管狭窄症や滲出性中耳炎の可能性が高いので、早めに耳鼻科を受診して症状を診てもらった方が良いかもしれません。

 

また、個人の症状によって異なるので一概には説明できないものの、既に突発性難聴を患っている方は、飛行機に乗ったことが原因で症状が悪化すると言われております。

 

どうしても飛行機に乗らなければならないという場合は、着いたら病院を受診してMRかCTを撮り、脳内や聞こえの神経に異常が来たされていないかどうか調べるべきです。

 

 

 

 


「難聴のメカニズム」に関するページ