難聴と老化

 

 

難聴と老化について

身体の様々な機能は年齢を重ねるとともに衰えるという特徴があり、「文字が見えなくなる」「肌にシワができる」「身体が思うように動かせなくなる」というのは老化現象なので仕方ありません。

 

これは聴覚に関しても同じことが言え、老化によってだんだんと機能低下を引き起こし、音が聞こえにくくなったり他人との会話に支障が出たりという現象を老人性難聴と呼んでおります。

 

耳の組織の老化は個人差があるものの、大よそ30代前半から両耳同時に進行していくという特徴があり、聴力低下による老人性難聴は防げないというわけです。

 

もちろん、30代前半の年齢であれば、まだ聞こえに影響はないものの、年齢を重ねれば組織の変性や消失が進むため、徐々に聞こえにくくなるという仕組みになっております。

 

症状のスピードは非常に緩やかですが、老人性難聴は50歳から60歳くらいの年齢で「聞きづらくなった」と感じるケースが多く、補聴器を使わなければ会話が難しいという方もいらっしゃるのです。

 

80歳を超えても良く聞こえるという方はいるので、老化によって生じる老人性難聴は、個人差の大きい症状だということがお分かり頂けるでしょう。

 

老人性難聴と関係性があるのは蝸牛の機能低下で、内耳の蝸牛の中には有毛細胞が規則正しく並んでおり、これがアンテナの役割を果たして脳に音を伝えるという仕組みになっております。

 

しかし、老化によって有毛細胞の毛が折れたり、細胞自体が剥がれ落ちたりするため、十分に音を捉えることができなくなり、聞こえが悪くなって難聴が引き起こされるというわけです。

 

上記でも説明したように、個人によって生じる症状には違いがあるものの、老人性難聴は「高い音から聞き取りにくくなる」「言葉を聞き分ける能力が低下する」「大勢の中で会話ができない」という特徴があります。

 

老化が進行して40歳程度になると、8000Hzの高音部分が聞き取りにくくなるものの、普段の会話では500〜2000Hzの音域なので特に大きな悪影響はありません。

 

とは言え、更に年齢を重ねて老化が進行すれば、4000Hz、2000Hzと聞き取りにくくなる範囲が広がるので、日常生活に支障が出ることもあるのです。

 

軽度の難聴であれば補聴器といった器具を使用し、健常者と同じような生活を送れるものの、老人性難聴で悩まされている方の中には、補聴器の使用でも変化がない場合があります。

 

それでも、多少なりとも音が拾いやすくなるのならば補聴器を使うべきですし、当サイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)を使用するのも一つの選択肢です。

 

美聴泉(びちょうせん)は植物成分が含まれたサプリメントとなっており、聞こえのトラブルを解消できるという効能を持ち合わせているので是非試してみてください。

 

 

 

 


「難聴のメカニズム」に関するページ