難聴と疲れ

 

 

難聴と疲れについて

精神的なストレスだけではなく、肉体的な疲れが過度に溜まることにより、難聴が引き起こされることがあるので注意が必要です。

 

疲れによって引き起こされやすい難聴は、低音障害型感音性難聴と呼ばれており、聴力検査を行うと低音部の聞こえが悪くなっているため、このような病名が付けられました。

 

耳に何か物体が詰まったような感じになったり、耳鳴りが生じたりするのが低音障害型感音性難聴の特徴で、若い世代の女性に多いと言われております。

 

難聴は高齢者特有の症状という認識をしている方がいらっしゃいますが、疲れやストレスで若者でも低音障害型感音性難聴を発症するケースがあるので気を付けなければなりません。

 

突発性難聴と同じように急に引き起こされるという特徴もあり、回転性のめまいを伴わないメニエール病ということから、蝸牛型メニエールとも呼ばれております。

 

メニエール病は平衡感覚を司っている前庭のリンパ液が増え、難聴とともにめまいを引き起こすことがあるのですが、低音障害型感音難聴の場合は蝸牛だけにリンパ液を増えて耳の不快感が生じるのです。

 

こうした症状は一時的なもので、精神的なストレスや肉体的な疲れを取り除くことで解消されるので、体調を元の状態に戻すことが一番の治療法だと説明できます。

 

何度も難聴や耳鳴りといった症状を繰り返していると、聴力が回復せずに、慢性的な難聴に悩まされる可能性も十分にあるので、しっかりと疲れを取り除かなければならないということがお分かり頂けるはずです。

 

ストレスを避けて疲れを癒していれば、自然と低音障害型感音難聴は治るので、ストレッチやウォーキングといった軽い運動も取り入れて身体を解すように心掛けた方が良いでしょう。

 

女性の場合、同時に肩こりや首こりといった症状を患うことがあるので、患部をしっかりと温めて冷やさないようにすると治りは早くなります。

 

もちろん、耳に引き起こされる病気ということで、低音障害型感音難聴を患ったら早めに病院へと足を運び、内耳の圧力を下げる利尿薬や、血流を良くする血行改善薬といった薬が処方されるので、用法と用量に気を配って服用するべきです。

 

疲れが溜まっていると、耳以外の場所に異常が来たされることも少なくないですし、判断力や注意力が鈍り、事故を起こすかもしれないので、ゆっくりと休息をとらなければなりません。

 

疲れが溜まっていて生活を送るのが辛いのであれば、サプリメントの力に頼るのも一つの方法となっており、当サイトでは同時に聞こえのトラブルを改善してくれる美聴泉(びちょうせん)をご紹介しているので、是非試してみてください。

 

 

 

 


「難聴のメカニズム」に関するページ