難聴と年齢

 

 

難聴と年齢について

私たち人間は16Hz〜20000Hzの音を感じることが可能で、特定の周波数を感じる感覚を聴覚と呼び、年齢とともにその力を自然と衰えていきます。

 

聴力も視力と同じように低下するという特徴があり、そのスピードには個人差があるものの、若い年齢の方と比べると高齢者の方は聴力が落ちて難聴を患うことがあるのです。

 

加齢で聴力が落ちるのは自然なことなので、致し方ないのですが、日常生活に不便を感じる方はいらっしゃるかもしれないので、年齢を重ねた方は補聴器などを使った方が良いでしょう。

 

なぜ年齢を重ねることで聴力が失われるかと説明すると、音を感じる細胞の有毛細胞が長い時間をかけてダメージを受けるのが大きな原因です。

 

有毛細胞は内耳の蝸牛と呼ばれる部分にあり、年齢を重ねれば様々な音に晒されることとなり、ダメージを受けて若い頃のようにはいかなくなり、高い周波数の音が聞き取りにくくなります。

 

加齢によって生じる老人性難聴ほど、高い周波数の音が聞き取りにくくなるという特徴があり、補聴器を使わなければ他人とコミュニケーションがとれないという方も存在するのです。

 

早めに病院で治療を行うことで、聴力が低下するスピードを和らげたり、もしくは回復するケースは十分にあるのですが、本人が聞こえにくくなっていると自覚せず、症状を放置してしまうことが悪化の原因かもしれません。

 

確かに、私たちは毎日のように色々な音を聞き続けておりますし、聴力の低下は急激に引き起こされるわけではなく、だんだんと進行していきます。

 

そのため、年齢を重ねた高齢者でも、聴力の低下に気付かずに生活を送り続け、取り返しのつかない事態になってしまう場合があるのです。

 

日本補聴器工業会の調べによると、聴力の低下が引き起こされ難聴の症状に悩まされている方は、約2,000万人と人口の約15%程度だということが分かりました。

 

わが国日本では、以前から高齢化社会へと進んでおり、若い年齢の方よりも高齢者の方が増える傾向があるため、聴力低下を引き起こす人の数も年々上昇していくことは間違いないでしょう。

 

ただし、この約2,000万人の方の中で、自分の聴力の低下に気付いている人は約半数しかいないというデータもあり、ほとんどの方が自分の身体に違和感を覚えずに生活を送っております。

 

治療が早ければ聴力が回復することも十分にあり得るので、少しでも自分の身体に違和感を感じたら、早めに病院を受診して専門的な検査を行った方が良いのです。

 

また、年齢を重ねた方でも、「うるさい環境にいる時間をできる限り避ける」「疲労やストレスを溜め込まない」「適度な運動を心掛ける」という対策をしていれば、聴力の衰えるスピードを抑制できるので、自分の日常生活を見直してみてください。

 

健康成分が含まれたサプリメントの使用も優れた方法の一つで、当サイトでは美聴泉(びちょうせん)をご紹介しております。

 

難聴の治療には繋がらないとしても、耳鳴りやめまいといった聞こえのトラブルの抑制に繋がるので、是非美聴泉(びちょうせん)を試してみてください。

 

 

 

 


「難聴と年齢」に関するページ