難聴の男女比

 

 

難聴の男女比について

明らかな理由もなく、急に片方の耳が聞こえにくくなる病気のことを突発性難聴と呼び、現在でも有効な治療法が確立されていないということで、厚生労働省が難病に指定しております。

 

この突発性難聴の男女比は、厚生省研究班の2001年の調査によると、女性の方が発症率が高いということが分かりました。

 

とは言え、急激に女性の方が多いというわけではなく、男女比はほぼ同じだと捉えて問題はないですが、1年間で発症する方は約35,000人に及んでおります。

 

有名なミュージシャンの中でも突発性難聴を患っている方は多く、ニュースになったこともあるので、人々の間でこの病気が浸透され始めたということです。

 

基本的に大きな男女比はないものの、40歳の方から徐々に発症していることがデータで分かったので、老人性の病気というわけではありません。

 

20代や30代という若い年齢で突発性難聴を発症している方も意外と多く、ウィルス感染説や内耳の血流障害説といった原因が有力です。

 

加齢によって引き起こされる老人性難聴との違いは、緩やかに聴力が落ちていくのではなく、急激に発症するというところで、自分の身体の違和感に直ぐ気が付く方が多いと思われます。

 

老人性難聴の場合、症状はゆっくりと進んでいくため、異変に気付かないというケースは十分に考えられますが、突発性難聴の場合は明らかに片方の耳が聞こえにくくなるので、「自分の身体に異変が起きている」と感じるのです。

 

また、医学的な根拠はないものの、ストレスと突発性難聴には関係性があると考えられており、ストレス社会で生きている現代人が患いやすい病気だと説明できます。

 

確かに、ストレスの溜め込み過ぎが身体に与える影響はかなり大きいですし、他の病気の原因となっている要素の一つということで、ストレスが引き金になっていたとしても不思議な話ではないでしょう。

 

男女比は特になくても、10代の若者でも60代の高齢者でもストレスを抱えることはあるので、日頃から発散して突発性難聴を予防しなければならないのです。

 

直ぐに聞こえが良くなったり、時間が経過して再発したりという症状ではなく、常に一定の聞こえなさがあるのが突発性難聴の特徴なので、朝起きて異変を感じたら直ぐに病院で診察を受ける必要があります。

 

日頃の食生活が乱れているという方は、症状が悪化しやすいという特徴があるため、このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)がおすすめです。

 

植物性の成分が含まれた安全なサプリメントとなっており、難聴や耳鳴りを予防して健康を促してくれるので、是非美聴泉(びちょうせん)を飲んでみてください。

 

 

 

 


「難聴と年齢」に関するページ