高齢者の難聴の原因

 

 

高齢者の難聴の原因について

高齢者の方が難聴を引き起こす大きな原因は加齢で、皮膚が乾燥してシワやシミが多くなったり、視力が低下して物が見えなくなったりと、老化現象の一つとなっております。

 

人間であれば年齢を重ねるとともに身体の至るところが老化していくのは普通なので、難聴に悩まされるのは高齢者であれば仕方がないというわけです。

 

もちろん、高齢者の難聴の原因は一緒でも、個人の体質によって症状には違いが生じており、柔らかい言い方をするのであれば「耳が遠くなる」という表現が適しているのではないでしょうか。

 

おじいちゃんやおばあちゃんに話しかけても反応がなかったという経験をした方はいらっしゃるでしょうし、これは加齢によって蝸牛の聴覚を司っている器官が障害を受けたり、内耳から脳へと音を伝える神経経路に異常が生じたりというのが大きな原因です。

 

高齢者の方が引き起こす難聴のことを老人性難聴と呼ぶことが多く、急に片方の耳が聞こえにくくなる突発性難聴や、大きな音を聞きすぎたことが原因の騒音性難聴とは区別されております。

 

蝸牛の障害にしても神経経路の異常にしても、複数の要因が絡まって生じているケースが多く、最初は高音域から聞こえにくくなり、その後に低音域に広がっていくという特徴があるのです。

 

つまり、日常会話では高音域を聞き取ることは少なく、仮に老人性難聴の症状が進行していたとしても、異変に気付かないという高齢者の方は少なくありません。

 

低音域が聞こえにくくなってから、自分の難聴の症状を自覚するというケースが多く、単純に音が聞き取りにくくなるだけではなく、音は聞こえてもその内容を理解できないという状態もしばしば見られます。

 

上記でも説明したように、老人性難聴の症状の進行スピードには個人差があり、50代から60代にかけて顕著に表れるというケースが一般的です。

 

どのような原因で老人性難聴が引き起こされたとしても、基本的に聴覚を回復することは難しく、決め手となる治療法は医療が発達した現代でもありません。

 

それでも、音自体を大きくしたり、聞き取りやすいように加工したりする補聴器を使用すれば、ある程度はコミュニケーションがとれるようになるため、日常生活の不便さは解消されます。

 

一昔前は単純に音を大きくするアナログ型補聴器が一般的でしたが、現在ではIC集積回路によって雑音を抑制したり、ボリューム操作が不要だったりというデジタル補聴器がほとんどです。

 

補聴器を使って若い頃のように音を聞き取れるわけではありませんが、何も対策をしなければ聴力は失われたままなので、高齢者の方は医師と相談して自分に合った補聴器を探してみてください。

 

また、このサイトでご紹介しているサプリメントの美聴泉(びちょうせん)を摂取するのも、選択肢の一つとなっております。

 

聴力に変化があるわけではありませんが、難聴の症状を和らげたり、耳鳴りを抑えたりという効果があるので、是非飲んでみてください。

 

 

 

 


「難聴と年齢」に関するページ