自律神経の乱れが原因の難聴

 

 

自律神経の乱れが原因で引き起こされる難聴

「何で難聴が引き起こされているのか分からない」という方は、自律神経の乱れが原因だと考えられます。

 

突発性難聴や低音部型難聴など幾つかの種類があるものの、自律神経が深く関わっているケースは決して少なくありません。

 

そもそも、自律神経がどのようなものなのか大まかに見ていきましょう。

 

 

・循環器や呼吸器などの活動をコントロールしている

・無意識のうちに24時間働き続けている

・昼間に活発になる交感神経と夜間に優位になる副交感神経の2種類がある

・2つの自律神経が上手くバランスを取り合うことで健康体を保っている

 

 

私たちが何も意識していなくても働いているのが自律神経の特徴で、血圧を上昇させたり血管を収縮させたりとその働きは様々ですね。

 

JCHO東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科の医師によると、脳の自律神経の働きに何かしらの悪影響が加わることで難聴を発症するのではないかと様々な研究で分かりました。

 

私たちの身体のありとあらゆる部分と関わっているのが自律神経ですので、耳鳴りや難聴の原因になったとしても不思議ではありません。

 

なぜ交感神経と副交感神経の2種類の自律神経が乱れると難聴を引き起こすのか、具体的なメカニズムについてチェックしておきましょう。

 

 

@精神的なストレスや睡眠不足など、日常生活のあらゆる要因によって自律神経のバランスが乱れる

A筋肉の凝りや緊張が生まれて肩こりや首こりなどの痛みで悩まされるようになる

Bだんだんと代謝機能が低下し、身体が酸欠状態に陥る

C耳の器官や聴神経系に影響が加わり、耳鳴りや難聴の発症に繋がる

D「耳の中で変な音がする」「会話が聞き取りにくくなる」といった症状でストレスが溜まる

E余計に自律神経が乱れて聴力の悪化が進行する

 

 

上記のような負のスパイラルを引き起こすケースは意外にも多く、耳鳴りや難聴以外にもめまいの症状が出ることもありますよ。

 

人それぞれ難聴を発症する原因に違いはあれど、自律神経がその一つなのは間違いないのです。


自律神経の乱れによる難聴を解消する方法をチェック!

自律神経の乱れによる難聴の症状を解消するには、まず最初に交感神経と副交感神経のバランスを整えなければなりません。

 

補聴器を使って聞こえの症状を改善したとしても、根本的な原因や問題が解決されていなければ意味がないですよね。

 

そこで、以下では自分で可能な自律神経を整える方法を幾つか挙げてみました。

 

 

・「肘を曲げる」⇒「肩を外回りに回す」⇒「鼻から空気を大きく吸う」と腹式呼吸を行い、高ぶった感情を抑える

・脳を活性化させてストレスを上手くコントロールする目的で、毎日の生活の中に瞑想を取り入れてみる

・マイナス思考やネガティブ思考に至らないようにして、ポジティブな気持ちを持ち続ける努力をする

・寝室の中にアロマを焚いたり寝る前にホットミルクを飲んだりして、質の高い睡眠をとって生活リズムを整える

・休息モードから活動モードへとスイッチを上手く切り替えるために、朝食を食べたり栄養素のバランスに気を配ったりする

 

 

難聴の症状が今直ぐに良くなるわけではないものの、身体の内側からの対策は皆さんが想像している以上に大事ですよ。

 

自律神経の乱れを放置していると、頭痛やめまいなど他の症状も次第に進行していきますので十分に注意してください。


サプリメントを飲むのも選択肢の一つ!

身体の内側から難聴の症状を和らげるに当たり、乱れた自律神経を整えるだけではなくサプリメントを飲むのも選択肢の一つです。

 

現在ではインターネット通販を中心に、聞こえのトラブルに効き目のあるサプリメントや健康補助食品が登場しました。

 

耳の機能を回復させたり促したりする栄養素を含み、耳鳴りや難聴が引き起こされにくい状態を作ってくれるイメージですね。

 

「どんなサプリメントを飲めば良いの?」と悩んでいる高齢者には、美聴泉(びちょうせん)をおすすめします。

 

美聴泉(びちょうせん)は天然成分や植物エキスの力でクリアに会話を楽しめるように促してくれるサプリメントですので、自律神経の乱れを整えるとともに身体の内側から体質改善を図ってみてください。

 

 

>>> 難聴や耳鳴りのトラブルに悩む方はコチラ

 

 

 

 


「日常生活が原因の難聴」に関するページ