食事による難聴の治療

 

 

食事による難聴の治療について

突発性難聴や騒音性難聴、ウイルスによる難聴など、聞こえのトラブルは一つではありませんが、食事による治療が意外と効果的だと分かっております。

 

「食事で難聴を和らげられるわけがない」と考えている方はいらっしゃるものの、血流量の低下を防ぐような食べ物を食べることで、症状が緩和することがあるのです。

 

血流不足によって脳も耳も十分な機能を発揮することができないですし、アンバランスな食生活や過度のストレスが加わることで、突発性難聴が引き起こされていると考えている専門家の方はいらっしゃいます。

 

食事による治療で目に見えるような変化がなかったとしても、一部の難聴の回復に繋がるのは紛れもない事実なので、食生活の見直しから治療を進めていくのは決して無意味ではありません。

 

仮に難聴の症状に大した変化がなかったとしても、バランスの良い食事は動脈硬化といった生活習慣病の予防に繋がりますし、数年、数十年先に良い結果が待っているはずです。

 

そこで、難聴の治療には自律神経の交感神経を緩和させ、副交感神経が優位になるような食事が適していると言われており、自己免疫力を高める結果にもなります。

 

温かい食べ物を食べ、体温が安定すれば血液の流れも同時に良くなり、副交感神経が優位になるので、大根やニンジン、ニラや生姜といった食事を毎日の中に取り入れてみましょう。

 

特に、女性の方は冷え性を患いやすく、血流が悪化して難聴の症状に良くない影響が引き起こされるかもしれないので、これらの食事をスープや鍋物、温野菜などにして食べる習慣をつけるべきです。

 

もちろん、バランスの取れた栄養素と偏りのない食事をしていかなければ、難聴の治療には繋がらないので、ビタミンB群が含まれた食べ物もおすすめとなっております。

 

実際に、ビタミンB1とビタミンB2は、難聴を改善する薬として使われておりますし、ビタミンB12も末梢神経に欠かせない栄養素なので、普段から不足しないように食事から摂取していかなければならないのです。

 

突発性難聴を患っている方は、同時に耳鳴りやめまいを引き起こすことが多く、そのような症状の改善にもビタミンB12が適しているので、レバーや豚肉、大豆といった食べ物を意識的に食べる必要性があります。

 

ストレスの緩和効果があるビタミンCやカルシウム、肉や魚の中に含まれているタンパク質、その他ミネラル分も健康な生活には欠かせない栄養素なので、バランスを重視して取り入れるべきです。

 

以上のように、難聴の治療には食事の仕方が大事だということがお分かり頂けたはずですし、極端なダイエットをしていたり、インスタント食品ばかり食べていたりという生活の方は、大事なビタミンが不足しているかもしれないので注意してください。