難聴の症状

 

 

難聴の症状について

難聴には幾つかの種類があり、個人によって引き起こされる症状には違いが生じておりますが、基本的には小さな音が聞き取りにくくなる状態を指します。

 

外部からの音の情報を伝えるのが、私たちの耳の中にある外耳や内耳で、この部分が加齢などにより調子が悪くなったことで引き起こされるのです。

 

中耳炎といった病気や鼓膜が破れた際に、小さな音が聞き取りにくいという症状に陥り、耳の穴がまだ複雑な構成になっていない乳幼児が患いやすい病気だと説明できます。

 

拾いにくくなる音は個人によって差があり、「ボンボンという低い音」「ピーという高い音」と全ての周波数の音が一度に聞こえなくなることはほとんどありません。

 

加齢によって引き起こされる老人性難聴の場合は、高い周波数の音が聞こえにくくなるという特徴があるため、普段の会話では異常がなかったとしても、電子音が上手く聞き取れなかったりします。

 

このような難聴の症状が中耳炎によって生じていたとしても、治療が難しい病気というわけではありませんし、補聴器で聴力をカバーすることができるため、日常生活が送れなくなるというケースは少ないのです。

 

また、「複数の音を聞き分けることが難しくなる」「瞬時に音を理解できなくなる」というのも、代表的な難聴の症状となっております。

 

私たちの身の回りでは様々な周波数の音が存在しており、難聴になると鮮明に脳へ伝えることができなくなるので、騒音の中での会話が困難になりますし、ゆっくり話してもらうのであればまだしも、早口では聞き取りにくくなるのです。

 

他にも、非常に重い症状だと言われている感音難聴に悩まされている方がおり、聴覚や脳神経といった部位に異常が生じているため、補聴器を使っても音を聞き取れないこともあるでしょう。

 

現在の医療では異常の出た神経を治療し、状況を改善するのは難しいため、感音難聴は難病の一つと厚生労働省で指定されているのです。

 

難聴は日常生活に支障が出る可能性が高いため、高齢者の方で耳に違和感を感じたら、早めに耳鼻咽喉科を受診する必要があります。

 

もちろん、若者でもある日突然、片方の耳が聞こえにくくなる突発性難聴に悩まされるケースがあり、放置によって症状が悪化しやすいので、注意して生活を送った方が良いかもしれません。

 

「テレビやラジオの音が大きいと指摘される」「人が多い場所での会話が苦手」「何度も聞き返すことが多い」「話し声が大きい」という症状の方は、難聴や耳鳴りといった聞こえのトラブルが生じている可能性があります。

 

このような方は、病院へ行って症状を診てもらうことも大事ですが、普段からこのサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)といった健康食品を摂取し、聞こえのトラブルを未然に予防しておくようにしてください。

 

 

 

 


「難聴の症状」に関するページ