難聴とふらつき

 

 

難聴とふらつきについて

難聴とともにふらつきといった症状が引き起こされているのであれば、何かしらの病気を患っている可能性があります。

 

ふらつきが生じることで、身体のバランスが取れず上手く歩けないはずですし、正常な状態では基本的にあり得ず、内耳や脳の平衡感覚の経路に障害が引き起こされていると考えるのが普通です。

 

このような病気の主なものとしては、メニエール病や内耳炎が挙げられ、前者は回転性のめまいが定期的に引き起こされるとともに、難聴や耳鳴りといった症状が現れます。

 

未だに詳しいメカニズムについては解明されていないものの、内耳に何かしらの支障が生じて回転性のめまいが引き起こされることが分かっており、耳の中の異常なので難聴と関係性があるということはお分かり頂けるはずです。

 

一方で、内耳炎は雑菌やウイルスに感染し、耳の奥深くに位置している内耳に炎症が引き起こされる病気で、この部位は身体のバランスを取るために欠かせない情報センターのような役割を果たしております。

 

つまり、内耳に炎症が生じることで、バランスが崩れてふらつきが生じるのは決して不思議ではありませんし、一度内耳に障害が生じると聴覚が元に戻らないこともあるため、難聴が酷くなるケースもあるでしょう。

 

ある日突然片方の耳が聞こえにくくなる突発性難聴の場合も、激しいめまいやふらつきが引き起こされることが多く、症状の放置によって聴力が回復しなくなると考えられているので、早めに病院を受診しなければならないのです。

 

グルグルと回るような回転性のめまいが引き起こされれば、身体に異常が生じていると自覚できるはずですし、明らかに耳の聞こえが悪くなるので、気付かずに放置してしまうことは少ないかもしれません。

 

また、難聴や耳鳴りを治すために病院で医薬品を処方され、その薬の副作用によってふらつきが生じる場合があります。

 

脳や内耳の末梢血管の血液の流れを解消する抗めまい薬が難聴の治療に使われており、内耳の血液の量を増やすセファドールや、自律神経の交感神経を刺激して血流を促進させるイソメニールが代表的です。

 

これらの抗めまい薬にはどれも副作用があり、服用しているうちにふらつきが生じたり、食欲不振や頭痛といった症状に悩まされるかもしれません。

 

とは言え、元々引き起こされている難聴を治すのが最大の目的ですから、副作用が生じたからといって自分の判断で中止するのではなく、医師に続けた方が良いのか伺うのがベストです。

 

 

 

 


「難聴の症状」に関するページ