難聴による疲労感に注意!

 

 

難聴による疲労感に注意しよう!

中高年以上の年齢になると、耳の機能が悪化して難聴を引き起こすことがあります。

 

突発性難聴の場合は20代や30代の若い世代も発症しやすく、放置すると音が聴こえにくくなるリスクがありますので厄介ですね。

 

難聴と一口に言っても幾つかの種類がありますが、以下では考えられる原因をまとめてみました。

 

 

・耳垢の掃除を怠っていて必要以上に溜まっていると、外耳道が塞がれて詰まったような感じになる

・ヘッドホンやコンサートで大音量を耳元で聞いてしまった

・耳を強くぶたれたり打ったりして鼓膜が損傷している

・飛行機の離着陸時やスキューバダイビングなど気圧が急激に変化した

・人間関係のもつれや睡眠不足が原因でストレスやイライラが溜まっている

・滲出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)や真珠腫性中耳炎(しんじゅしゅせいちゅうじえん)などの病気を発症している

 

 

あらゆる原因が考えられるのですが、難聴を放置していると疲労感が溜まりやすいので注意しなければなりません。

 

難聴を患っている高齢者で、「以前よりも疲れが溜まるようになった」「疲労感が中々抜けない」「寝起きの倦怠感が酷い」といった症状を訴えている方はいます。

 

なぜ難聴が原因で疲労感が酷くなるのか、考えられる理由を見ていきましょう。

 

 

・相手の話を聞いて理解したい気持ちから神経を集中させている

・日常生活の中で危険を察知する音が聞こえにくくなって不安感が募る

・相手とコミュニケーションを取りにくくなって精神的なストレスが溜まる

・仕事に何かしらの支障が出て、いつもよりも体力が消費される

 

 

難聴を患っている人の立場に立ってみると、音を聞くのはたくさんの労力とエネルギーを費やします。

 

それが毎日のように続くわけですから、疲労感が溜まってグッタリしてしまうのは仕方ありません。

 

肉体的な疲れであれば、お風呂に入ってリフレッシュしたり睡眠時間を長くしたりすれば自然と解消していきます。

 

しかし、難聴によって疲労感が溜まっている人は根本的な原因を何とかしない限りは改善できないと心得ておいた方が良いでしょう。


病院で実施されている難聴の治療法

難聴自体を治療して治すことができれば、疲労感の蓄積を防ぐことができます。

 

そこで、以下では病院で実施されている難聴の治療法を幾つか挙げてみました。

 

 

・音の信号を脳に伝える電子医療機器の人工内耳システムで聞こえを改善する

・外耳や内耳の問題を解決する骨導聴力活用型インプラントシステムを取り入れる

・拾った音を増幅して機能する補聴器を装着する

 

 

補聴器を装着するだけでも大分聞こえの問題が改善されますので、疲労感が溜まることはありません。

 

「見栄えが悪いのではないか?」と不安を抱えている方はいますが、現在では形状が工夫されて作られています。

 

何よりも難聴の放置は日常生活に支障が出やすいので、手軽に治療したいと考えている方は自分に合う補聴器を装着するために病院やクリニックを受診して専門医に相談してみてください。


サプリメントを摂取して難聴を予防するのは選択肢の一つ!

健康食品のサプリメントは医薬品とは異なりますので、難聴や耳鳴りの治療には繋がりません。

 

しかし、今後引き起こされるであろう聞こえのトラブルを未然に予防するために、サプリメントを摂取するのは選択肢の一つですよ。

 

このサイトでは、耳鳴りや難聴の症状で悩む高齢者におすすめの美聴泉(びちょうせん)をご紹介しています。

 

累計販売数が24万箱を突破した人気のサプリメントで、美聴泉(びちょうせん)の特徴をまとめてみました。

 

 

・ナギイカダエキスやイチョウ葉エキス、ビンカマイナーやトケイソウと4種類の天然成分がクリアな音で聞こえるように促してくれる

・身体の内側から健やかな毎日をサポートする亜鉛やガラナ、ブラックコホシュやビタミンCが配合されている

・製薬会社だからこそGMP基準をクリアした安全性の高い工場で、徹底した品質管理で製造されている

 

 

豊富な成分を身体の内側から取り入れることで耳鳴りや難聴が引き起こされにくい体質へと導いてくれますので、聞こえのトラブルによる疲労感を予防するためにも是非一度美聴泉(びちょうせん)を飲んでみてください。

 

 

>>> 難聴や耳鳴りのトラブルに悩む方はコチラ


「難聴の症状」に関するページ