難聴とくしゃみの関係性

 

 

難聴とくしゃみに関係性はある?

難聴は耳に引き起こされる症状ということで、くしゃみとはあまり関係性がないと考える方はいます。

 

難聴と言っても外耳道の機能的な障害による伝音性難聴や、聴神経の故障による感音性難聴など様々な種類に分けられますが、くしゃみと関係が深いのは突発性難聴です。

 

女優の浜崎あゆみさんが突発性難聴を患ったことで有名となり、どんな症状を指すのか見ていきましょう。

 

 

・耳が詰まったような感覚に陥って普段は聞こえていた音が聞こえなくなる

・明らかに片方の耳だけ聞こえ方がおかしくなっている

・片方の耳に綿が詰まったような感じになって閉塞感を訴える

・同時に耳鳴りやめまいを伴うケースが多い

・40歳〜50歳に見られるが子供や高齢者でも発症する可能性はある

 

 

はっきりと突発性難聴の原因は解明されておらず、厚生労働省は難病に指定しています。

 

考えられる原因の中でも有力なのがウイルスによる感染で、「発症前に風邪を引いたような症状を訴える患者さんが多かった」「おたふく風邪でも高度の難聴が引き起こされる」というのが大きな理由です。

 

何かしらのウイルスへと感染して内耳の機能に異常が引き起こされ、ふと気が付いた時に突発性難聴を発症することがあります。

 

風邪の症状として代表的なのが鼻水やくしゃみで、もしかしたら突発性難聴の予兆かもしれません。

 

誰でも鼻がムズムズとすればくしゃみをしますし生理現象なので特に不思議ではありませんが、「ウイルスへと感染していた」⇒「数日間の潜伏期間があった」⇒「ある日突発性難聴を発症した」というケースも考えられます。

 

くしゃみが止まらないだけで突発性難聴を疑うことはできませんし、単なる風邪や花粉症、アレルギー性鼻炎だと考えるのが普通なのではないでしょうか。

 

それでも、普段とは違った形でくしゃみをしているのならば、早めに病院へと受診して専門医による診察を受ける必要があります。

 

難病指定と聞くと一生治らないというイメージがありますが、早い段階で適切な処置を行っていれば突発性難聴の症状は回復していくのです。

 

当サイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)はあくまでもサプリメントなので、風邪によるくしゃみや突発性難聴を直接的に治療することはできません。

 

それでも、身体の内側から豊富な栄養素を取り入れて健康体を維持するサポートをしてくれるので、耳鳴りを中心とするトラブルで悩んでいる高齢者は一度美聴泉(びちょうせん)を飲んでみてください。

 

 

>>> 難聴や耳鳴りのトラブルに悩む方はコチラ

 

 

 

 


「難聴の症状」に関するページ