めまいと難聴の原因

 

 

めまいと難聴の原因について

音が聞こえにくくなる難聴は、目が回るようなクラクラとしためまいが同時に引き起こされることがあり、様々な原因が考えられます。

 

難聴とめまいが同時に引き起こされる原因の多くは、メニエール病と呼ばれる病気で、自分の周囲がグルグルと回っているような感覚に襲われ、場合によっては1日中に渡ってめまいが生じることもあるのです。

 

メニエール病の原因は医療が発達した現代でも未だに解明されておりませんが、内耳が水ぶくれ状態になったり、ストレスが起因となって発生したりという意見が飛び交っております。

 

個人によっては数十分で発作が停止することもあり、「一時的な症状かな」と甘く見ていると、聴力の改善が見られなくなり、重度の難聴に発展するケースもあるので、メニエール病を治すために早めに病院へ行かなければなりません。

 

頻繁にグルグルと回るようなめまいが生じていれば、自分の身体に異常が引き起こされていることくらいは分かるはずですし、だんだんと音が聞き取りにくくなるという症状も現れるので、原因は不明でも自覚できないわけではないのです。

 

どのような原因で引き起こされたとしても、内耳の水ぶくれを改善する利尿剤や、血流を促す循環改善薬、内耳の炎症を抑えてめまい自体を抑制するステロイド薬といった医薬品が医師から処方されます。

 

未だに謎に包まれた病気なのですが、医師が指示する医薬品をしっかりと服用すれば、聴力が戻らないという状態には陥らないはずなので、事前にきちんと説明を受けるようにしてください。

 

また、耳垢塞栓(じこうそくせん)という病気が原因で、軽い難聴のような症状やめまいが引き起こされることがあり、これは耳垢が固まりになって耳の穴が塞がれた状態を指します。

 

数年間に渡って耳垢を溜めていたという方は、それがだんだんと大きくなり、耳を塞いで音が聞こえにくくなる仕組みについてはお分かり頂けるでしょう。

 

しかし、だからといって頻繁に耳掃除を行えば良いというわけではなく、過度に耳かきや綿棒で掃除を行っていると、逆に耳垢を中に押し込む形となり、耳垢塞栓を引き起こす原因となるので、1週間に一度くらいがベストです。

 

他にも、メニエール病と同じように回転性のめまいが生じる良性発作性頭位めまい症や、ヘルペスウイルスによって感染するハント症候群も、めまいと難聴が同時に生じる原因となる病気となっております。

 

これらの病気は時間の経過によって治りにくくなるケースが意外と多く、ただのめまいと思っていたら、だんだんと難聴の症状が現れることもであるので、早めに医師に診察してもらうべきです。

 

 

 

 


「難聴の症状」に関するページ