難聴と抜け毛

 

 

難聴と抜け毛について

難聴は耳に引き起こされる病気で、抜け毛は頭皮や髪の毛と関係している症状ということで、この2つには関連性がないと考える方がいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、難聴と抜け毛が同時に引き起こされる場合があり、これは日常生活のストレスが原因だと考えられます。

 

突然片方の耳が聞こえにくくなる突発性難聴は、過度のストレスによって引き起こされることが多く、肉体的な疲れが溜まっている時も発症しやすいのです。

 

基本的に、ムンプスウイルスや麻疹ウイルスなどの感染症によって、突発性難聴を引き起こすことが多いものの、精神的なストレスも深く関係しております。

 

一方で、抜け毛もストレスと非常に深い関係性があり、ハードな仕事を毎日のように続けている方や、責任感が強かったり人間関係が上手くいっていなかったりという方はストレスを溜め込みやすく、男性でも女性でも抜け毛が促進するのです。

 

ストレスが溜まると、血圧や呼吸をコントロールしている自律神経が乱れ、血液の流れが悪くなるという特徴があり、頭皮の血行が悪くなれば栄養分が行き渡らなくなるので、抜けやすい髪の毛が増えてしまいます。

 

それに、自律神経の働きの異常によって内臓にも不調が生じ、髪の毛を作っている材料のタンパク質やミネラルの合成が悪くなり、抜け毛が促進されるという仕組みです。

 

他にも、過度のストレスによって男性ホルモンの分泌が増え、頭皮の皮脂が増加して脂ギッシュになってしまうのも、抜け毛が引き起こされる大きな原因の一つなのではないでしょうか。

 

このように、普段の生活で感じるストレスは私たちの身体に多大な影響を与えるため、難聴と抜け毛が同時に引き起こされたとしても、不思議ではないのです。

 

ストレスを感じないようにするのは、現代の社会では難しいですし、些細なことでもイライラするケースは十分にあり得るので、ストレスを感じないようにするのではなく、発散する心掛けが必要だと説明できます。

 

身体を動かすのが好きな方は、自分の好きなスポーツに打ち込んだり、ジョギングを行ったりするのが効果的ですし、自分の趣味に時間を費やすのも優れたストレス解消法かもしれません。

 

一人で何かを行うよりも、友人や家族と一緒に行えばもっと楽しくなるので、更にストレスの発散に繋がることは間違いないです。

 

実際に難聴が引き起こされたのであれば、直ぐに病院を受診しなければならないものの、抜け毛や薄毛を少しでも防ぐためにも、日頃からストレスを発散できるような対処をしてみてください。

 

 

 

 


「難聴の症状」に関するページ