難聴と音割れ

 

 

難聴と音割れについて

難聴によって悩まされる症状の一つが音割れで、感覚的に著しく汚れた音に変化する状態です。

 

オーディオ機器のスピーカーが壊れてしまい、正常な音ではなく割れて聞こえるようになった製品を目にした方はいらっしゃるかもしれません。

 

突発性難聴といった病気を患うと、周りから聞こえる音が割れるケースがあり、これはかなり不快な症状だと考えられます。

 

難聴の発生の前後に音割れの症状が引き起こされるケースが多く、耳鳴りやめまい、吐き気を伴うのならば突発性難聴を疑うべきです。

 

加齢によって引き起こされる症状とは大きく異なり、明確な原因が見当たらないのにも関わらず、明らかに普段と比べて聞こえが悪くなります。

 

 

・音が異常に響く

・音程が狂って聞こえる

・耳が詰まった感じがする

・耳に雑音が入り込む

・片側の耳だけ聞こえにくくなる

・低音部が聞こえにくくなる

・耳の中に水が入ったような感じに陥る

 

 

音割れだけではなく、上記のような症状が引き起こされれば突発性難聴が疑われます。

 

1年間で3万人から4万人程度が発症すると考えられており、年齢や性別にそこまで大きな違いはなく、誰にでも起こり得る病気だと心得ておくべきです。

 

「一生難聴のまま過ごさなければならないのか?」「耳の機能は元に戻らないのか?」「日常生活に支障が出るのではないか?」という不安を抱える方は多いかもしれません。

 

しかし、突発性難聴は不治の病というわけではなく、どのような症状が引き起こされていたとしても正確な診断と一刻も早い治療を受けることで完治できます。

 

今現在ではなぜ突発性難聴を発症するのか明確な原因は解明されておりませんが、有名な歌手が患ったということで数年前から人々の間で認知されるようになりました。

 

必ずしも音割れが発生するわけではありませんが、耳の機能に異常が生じる点では一緒で、「毛細血管の血流が妨げられて血液が行き届かずに機能不全を起こしている」「ウイルスに感染している」という説が出ております。

 

意外と悩まされている患者さんが多い病気なので、これからも突発性難聴に関する研究は続けられるはずですし、新たな発見も出てくるのではないでしょうか。

 

一度発症すれば自然と元に戻ることはないですし、放置しているとそのまま聴力が固定されてしまうため、直ぐにでも耳鼻科を訪れなければならないのです。

 

また、音割れや難聴が聴神経にできる良性腫瘍の聴神経腫瘍という病気の可能性もあるため、医師の指示に従ってMRI検査を受けて正しい対処の方法を伺ってください。

 

 

 

 


「難聴の症状」に関するページ