難聴とリクルートメント現象

 

 

難聴とリクルートメント現象について

難聴の症状には個人差があるので一概には説明できないものの、感音性難聴に伴う聴覚過敏症は特にリクルートメント現象と呼ばれています。

 

耳鼻科領域において、音の聞こえる大きさの感覚に異常が生じ、小さな音声は聞き取りにくいのにも関わらず大きな音は割れたり響いたりという状態に陥るのがリクルートメント現象です。

 

リクルートメント現象は聴覚補充現象とも呼ばれており、難聴なのに音が聞こえにくいだけではなく響いて聞こえるようになるのが大きな特徴かもしれません。

 

難聴だからといって全ての音が一切聞こえにくくなるわけではなく、聴覚器官の異常によって様々な症状が引き起こされやすいことがお分かり頂けるはずです。

 

必要以上に聴覚が過敏になるリクルートメント現象にしても、聞こえる音域が狭まる状態にしても、難聴を放置していると日常生活に支障が出ます。

 

次第に症状が重くなって治りにくくなるケースも少なくないため、難聴を放置せずに早めに対策をしなければなりません。

 

そこで、リクルートメント現象による難聴で悩んでいる方には、当サイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)をおすすめします。

 

美聴泉(びちょうせん)はあくまでもサプリメントなので、難聴や耳鳴りの治療に繋がるわけではないので注意が必要です。

 

しかし、身体の内側から健康に欠かせない栄養素を摂取し、不快な症状を和らげるサポートをしてくれる健康食品なので、是非一度飲んでみてください。

 

 

>>> 難聴や耳鳴りのトラブルに悩む方はコチラ

 

 

さて、リクルートメント現象を伴う難聴で悩まされるようになると、電話の受話器を取るのに不安感を覚えるようになります。

 

低い音は聞こえにくいだけかもしれませんが、電話を取って女性の高い音を聞くと響いたり異常に煩く感じたりして頭痛を引き起こす原因ともなるのです。

 

「電話を取って症状が悪化して頭痛が生じ、次第にめまいも酷くなってくる・・・」という悩みを抱えている高齢者は少なくありません。

 

これはリクルートメント現象に限らず他の症状にも該当しますが、難聴を患っているのならば無理に自己判断で対処しようとせずに、病院を受診して正しい対策を練るのが適しています。

 

知識と経験のある専門医ならば、個人の症状を診察してどのような対策や治療がマッチしているのか指示してくれるはずです。

 

サプリメントの摂取で症状の緩和に繋がらないのならば、今後の日常生活に悪影響を起こさないためにも脳神経外科や耳鼻咽喉科といった診療科を訪れてみてください。

 

 

 

 


「難聴の症状」に関するページ