難聴とバランス感覚

 

 

難聴とバランス感覚について

平衡感覚に異常を来たし、バランス感覚を失うと同時に、難聴の症状が現れたという方はいらっしゃいます。

 

そもそも、平衡感覚とは地球上の重力に対してバランスや姿勢をコントロールする働きのことを指しており、内耳の前庭迷路という場所がこの機能を司っているのです。

 

バランス感覚を失い、めまいのような状態になっているのであれば、この内耳の前庭迷路に異常が来たされていると考えられるので、同時に耳の障害である難聴が引き起こされたとしても決して不思議な話ではありません。

 

前庭迷路は三半規管と耳石器の2つで構成され、この内部はリンパ液で満たされており、この流れが変化することで身体の回転を感じ取る感覚細胞に異常が生じ、バランス感覚を失ってめまいが生じるという仕組みになっております。

 

遊園地でジェットコースターやコーヒーカップに乗った際、身体がグルグルと回転したような感じになるのは、三半規管の中でリンパ液が不規則に動いていることが原因です。

 

このようなめまいであれば一時的な症状なので、身体に異常が引き起こされているというわけではなく、時間の経過によってだんだんと回復していきます。

 

しかし、慢性的に発作が生じるメニエール病と呼ばれる病気にかかると、回転性のめまいが生じバランス感覚を失ったような感じになるだけではなく、難聴や耳鳴りといった聞こえのトラブルにも発展するのです。

 

発作のリズムには個人差があるので一概には説明できないものの、難聴やめまいが定期的に引き起こされていれば日常生活に支障が出ることは間違いないので、早めに病院で診察を受けた方が良いでしょう。

 

めまいや難聴など、症状を繰り返すエピソードがあってこそ初めてメニエール病だと診断され、病院を受診するとバランス感覚を調べる検査や、目の動きに異常がないかどうか調べる眼振検査、耳内を観察する聴力検査が行われます。

 

そして、強い発作が続いて薬を飲むこともできないような状態の場合は、めまい止めの点滴を打ち、内服が可能であれば個人の症状に合わせて抗不安薬や循環改善薬が処方されるのです。

 

医師の指示に従って治療を進めていれば、絶対に治らない病気というわけではないのですが、薬の服用とともに日常生活の見直しも必要となります。

 

毎日のストレスや疲労が大きく関与していることが分かっており、持続的に身体に負荷がかかっていると難聴やめまいといった不快な症状が引き起こされるかもしれないので、精神的なストレスや肉体的な疲れを溜め込まないようにしてください。

 

 

 

 


「難聴の症状」に関するページ