難聴との付き合い方

 

 

難聴との付き合い方について

今まで普通に人と会話ができていたのにも関わらず、難聴になると思うようにコミュニケーションがとれないということで、難聴との付き合い方が分からないという方は多くいらっしゃいます。

 

確かに、加齢によって引き起こされる老人性難聴の場合は、基本的に聴力の回復が難しく、一度聞こえにくくなればその状態で固定されてしまうのです。

 

しかし、何も方法がないというわけではなく、聴力を回復させるようなツボ押しを地道に続けることで、難聴を改善できるかもしれません。

 

ツボ押しで難聴を完治できるわけではないものの、人間の全身には様々な種類のツボが存在しており、耳たぶのやや内側に位置している耳門や、耳の穴の横側に位置している聴会が有名となっております。

 

続けていくうちに難聴の症状が和らぐ可能性はありますし、少しでも音が聞こえるようになれば、難聴との付き合い方を把握できるはずです。

 

とは言え、直ぐに効果が現れるような方法ではないので、少しでも音を聞き取りやすくするために補聴器の使用は欠かせないと言えます。

 

デジタルタイプやアナログタイプの補聴器など、現在では様々な種類の製品がメーカーから販売されており、耳穴タイプやオープンエアータイプなど、装着方法にも違いが生じているのです。

 

高価な補聴器の場合は、片耳で30万円ほどの費用がかかってしまい、大きな負担となるかもしれませんが、日常生活をスムーズに送れるようになるのであれば、決して高い買い物だとは言えないのではないでしょうか。

 

40代前後で突発性難聴を患ってしまった場合、「補聴器は年寄りくさくて恥ずかしい」ということで、付き合い方が分からなくなる可能性があります。

 

同じ障害でも眼鏡はオシャレなものが数多く登場しているのにも関わらず、補聴器の見た目は一昔前とあまり変わっておらず、恥ずかしいという気持ちを抱いてしまうのは仕方ないです。

 

それでも、だんだんとその羞恥心はなくなっていくはずですし、見た目よりも聞こえを重視する方が圧倒的に大事で、難聴を克服して仕事を続けていくのであれば尚更だと説明できます。

 

どうしても補聴器を装着するのが嫌なのであれば、相手に悟られないような超小型の製品が現在では登場しているので、高い費用をかけても購入した方が良いかもしれません。

 

また、絶対に聴力が回復しないと諦めるのではなく、休養をしっかりととって身体を休めたり、血行を良くするような食べ物の摂取を心掛けたりと、健康へと導くような様々な対策を行っていくのが、効果的な難聴との付き合い方です。

 

このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)も、難聴で悩む方をサポートしてくれるサプリメントとなっており、高齢者でリピートしている方は数多くいらっしゃいます。

 

10,800円というお手頃な価格で販売されている健康食品なので、聞こえのトラブルを改善したいという方は、是非美聴泉(びちょうせん)を試してみてください。

 

 

 

 


「難聴の症状」に関するページ