難聴の種類

 

 

難聴の症状の種類について

難聴の症状には幾つかの種類があり、個人によって引き起こされている状態には違いが生じております。

 

難聴の度合いにも違いがあり、その種類によっては絶対に改善できないというわけではなく、回復の余地は十分にあるのです。

 

そこで、このページでは難聴の症状の種類を幾つかご紹介しているので、一度参照してみてください。


伝音性難聴

外耳や鼓膜など、外部からの音を神経まで伝達するための器官に何かしらの異常が生じ、音が聞こえにくくなっている種類の状態を伝音性難聴と呼んでおります。

 

当然かもしれませんが、耳を手で覆ってみると周りから聞こえている音が小さくなり、これは音が耳の中に入らないために聞こえにくくなっているのです。

 

このような働きが正常にされなくなった状態が伝音性難聴で、聞こえる音は小さくなるものの、内耳のリンパ液の波動が起きた結果によって音が聞こえる仕組みなので、完全に音が遮断されるわけではありません。

 

「雑音の聞き分けが難しくなる」「聞き取れない言葉がある」「多人数がいる場所では会話が難しい」という特徴があり、聴力が完全に衰えるわけではないので、個人によっては補聴器なしでも生活を送れます。

 

低音部から高音部まで均一に聞こえにくくなるのも伝音性難聴の特徴で、音を伝えやすくする補聴器やインプラントを手術で埋め込む人工内耳と呼ばれる治療を行うことで、自然な聞こえに繋がるのです。


感音性難聴

内耳か聴覚神経に障害があるタイプの難聴を感音性難聴と呼び、成人の難聴の原因として最も多いのがこの種類に該当します。

 

主に、内耳に位置している蝸牛が障害されているケースが多く、音のセンサーに異常が生じた状態なので、上記の伝音性難聴と比べて症状が重く、現在の医学では治療が困難なのです。

 

左右両方の耳が感音性難聴を患っている場合、大きな声で話しかけられたとしても内容を理解できないケースも多く、聴神経に形成された腫瘍や遺伝的な原因が考えられます。

 

どちらか片方の耳が感音性難聴だとしても、どこから音が発生しているのか分かりづらくなり、大きさや高さ、時間といった音の感度が鈍くなるのが特徴だと言えるでしょう。

 

補聴器の使用による改善は可能ですが、感音性難聴で失われた機能を100%回復できるような器具ではありませんし、音の周波数によって聞こえ方に極端な差が生じている方もいらっしゃいます。

 

つまり、高度な機能が備わった補聴器の使用が必要不可欠で、自分の症状にはどれが適しているのか医師と相談するべきです。


混合性難聴

上記でご説明した2つの症状を併せ持っているのが混合性難聴で、どちらか片方が引き起こされるわけではなく、同時に発生しているという特徴があります。

 

どれくらいの比率で混ざっているかにより、難聴の症状に違いが生じており、その度合いによって補聴器の効果に大きな差が出るのです。

 

聴力の度合いは、軽度難聴・中度難聴・高度難聴・重度難聴という感じで分けられており、個人の症状に関わらず、加齢によって発症する老人性難聴の多くは混合性難聴だという特徴があります。


難聴の方の補聴器の種類について

難聴を患っている方は、少しでも音を大きくして聞こえやすくするために、補聴器を使用するケースが多くなっております。

 

補聴器で難聴自体を完治できるというわけではありませんが、装着すると音が聞き取りやすくなるため、コミュニケーションを取るためには欠かせない器具なのです。

 

この補聴器には幾つかの種類があるので、以下のページでどのようなタイプの製品が出回っているのか確認してみてください。


アナログ式の補聴器

一般的な機能を持った補聴器がアナログ式で、以前から販売されておりました。ボリュームの調節によって、音を大きくしたり小さくしたりといったコントロールが可能で、ラジオやカセットテープのような感覚で使用できます。

 

しかし、アナログ式の補聴器は全ての音を一律的に拾うので静かな場所でマンツーマンで話している時であれば重宝するものの、騒がしい場所では余計な音まで拾って大きくしてしまうのです。

 

使用する場所によっては補聴器が逆に大きな障害となるケースもあり、自分でいちいち調節しなければならないのがデメリットかもしれません。

 

この種類の補聴器はオールラウンドな耳かけ型の製品が多く、勝ってから直ぐに装着できるというメリットがあります。

 

以前と比べて小さくてコンパクトなサイズの製品が多く出回るようになり、コードや耳栓が目立たないので、「補聴器を付けていて恥ずかしい」と感じることはないはずです。


プログラマブル式の補聴器

プログラマブル式の補聴器は、アナログ式ということには変わりないものの、特定の音域をセーブしたり強調したりという機能が備わっております。

 

専用の機械を使って操作でき、聞きやすく加工できるところが最大のメリットかもしれません。

 

しかし、近年になってデジタル型の補聴器が出回り、プログラマブル式の補聴器はあまり注目されなかったのは事実です。


デジタル式の補聴器

技術開発により補聴器の在り方も変わっており、現在主流となっている種類がデジタル式の補聴器で、外耳道内におさまった超小型の製品も現在では登場しております。

 

パソコンや専用のマシンと接続を行い、周波数ごとに音の調節を実施でき、会話の妨げにならないように余計な音の音量を抑える機能もついているのです。

 

比較的無理なく難聴者が会話できるように作られており、デジタル式の補聴器が日常生活のサポートをしてくれることは間違いありません。

 

耳穴におさまる小さな器具の場合、50万円以上の費用がかかることもあり、非常に高価ということでアナログ式の補聴器で妥協するという方はいらっしゃいます。

 

しかし、重度の難聴で悩まされているのであれば、最新のデジタル型の製品が適しているので、医師と相談して慎重に決めるべきです。

 

 

 

 


「難聴の種類」に関するページ