伝音性の難聴

 

 

伝音性の難聴について

外耳から中耳までの機能に何かしらの損傷が生じ、音が聞こえにくくなるタイプの難聴を伝音性難聴(でんおんせいなんちょう)と呼んでおり、慢性中耳炎や滲出性中耳炎といった疾患で見られます。

 

難聴と聞くと音が全く聞こえなくなる状態だと考えている方がいらっしゃいますが、必ずしもそうとは限りません。

 

個人によっては音が完全に遮断されるわけではなく、「大勢の人がいる中では聞き取りにくい」「高音部分だけが聞き取りにくい」という症状なので、伝音性難聴の場合は改善の余地は十分にあるというわけです。

 

それに、このタイプの難聴の方は、音の感覚そのものには障害がなく、聞こえの歪みといった症状は引き起こされないため、個人の病気に合わせて鼓室形成術という手術を行ったり、補聴器を使用すれば聞こえはある程度良くなります。

 

もちろん、補聴器の性能によっては十分な効果が得られないこともありますが、最初の治療の選択肢がこの器具の装着で、音が伝わりにくくなっているだけなので、音を大きくすれば聞き取りやすくなるのです。

 

ただし、耳の奇形によって補聴器を装着できない可能性もあり、伝音性難聴を患っている方は、今後どのような対策を練っていけば良いのか、医師と相談した方が良いでしょう。

 

最近では基本的な耳掛け型の補聴器ではなく、耳の穴に小さな器具を埋め込むタイプの製品も登場しており、機械の装着が目立たないという特徴もあります。

 

高齢者の方が加齢によって老人性難聴を引き起こしたのであればまだしも、比較的若い人が突発性難聴を患い、耳が聞こえにくくなってしまったという場合、補聴器の使用を躊躇う方は多いはずです。

 

しかし、小さな器具を埋め込むタイプの製品であれば、外見で補聴器を使っていることは分からないですし、髪の毛で耳の穴を隠してしまえば良いので、ビジュアルを気にする方に適しているかもしれません。

 

それに、伝音性難聴の場合は外耳や中耳の機能障害によって引き起こされているケースが多いため、手術を選択した方が良い場合もあり、医師と相談してどの治療が適しているのか見極めるべきです。

 

以上のように、一口に難聴と言っても伝音性難聴のように軽い症状の方はいらっしゃるはずなので、検査で難聴と診断されてもショックを受ける必要は全くないでしょう。

 

また、個人の症状によっては、このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)を使用するのは一つの選択肢となっております。

 

サプリメントなので難聴を治療できるわけではありませんが、聞こえのトラブルを予防する自然の成分が含まれているので、是非美聴泉(びちょうせん)を使ってみてください。

 

 

 

 


「難聴の種類」に関するページ