音が響く難聴

 

 

音が響く難聴について

難聴を患っている方は、周囲の音が聞き取りにくくなるだけではなく、「周りの音が響く」「周りの音が割れて聞こえる」という症状を訴えることがあります。

 

基本的に、加齢によって引き起こされる老人性難聴の場合は、高音部が聞き取りにくくなり、普通に会話を成立させられたとしても、電子音などは聞き取れない場合があるのです。

 

その点、突発性難聴や急性低音障害型感音難聴、音響外傷といった疾患を患っている方は、音が響くような症状で悩まされることがあり、単純に音が聞き取りにくくなる老人性難聴とは大きく異なります。

 

突発性難聴は個人によって引き起こされている症状は異なり、音が響くだけということで、「特に異常はないだろう」と、放置してしまうケースも少なくありません。

 

確かに、確実な治療法は現在では解明されておりませんし、原因不明の疾患なのですが、治療開始が早ければ治癒率が高くなるのは紛れもない事実で、発症してから時間が経過すればするほど、聴力が固定されて元に戻らなくなってしまいます。

 

それに、体調は良いのにも関わらず、めまいや吐き気といった身体的な症状が引き起こされることも多く、身体に異常が来たされていることは間違いないので、音が響く突発性難聴は早めの治療を心掛けなければならないのです。

 

今までは普通に生活できていたのにも関わらず、「周囲の音が響く」「周りの音がうるさく聞こえる」という状態に陥った方は、突発性難聴の可能性も考えて耳鼻科を受診した方が良いでしょう。

 

病院での問診では、基本的に難聴や耳鳴りの有無について聞かれ、聴覚過敏に対する速さを確かめ、外耳道や鼓膜の状態を観察していきます。

 

残念ながら適切な治療を受けたとしても、完治する人は全体の3分の1、症状は回復するが難聴が残る人は3分の1、治らずに終わってしまう人は3分の1と、難病に指定される理由はお分かり頂けるはずです。

 

病院では薬剤を使用して突発性難聴を治していき、どの医薬品が最も有効なのか未だ明らかにされていないものの、個人の症状に合わせてステロイドホルモンや血流改善薬が処方されます。

 

難聴の症状が軽ければ外来通院で治療を行うだけで十分ですが、ある程度重いと判断された方は、念入りな検査や治療を行わなければ回復が困難なので、入院を選択した方が良いかもしれません。

 

どのような治療を施すにしても、発症してから2週間以上が経過していたり、高齢者や動脈硬化といった病気を患っている方は症状が回復しづらいので注意が必要です。

 

 

 

 


「難聴の種類」に関するページ