ステロイドによる難聴の治療

 

 

ステロイドによる難聴の治療について

難聴の治療薬として最も広く使われているのが副腎皮質ホルモンの1つであるステロイド剤で、病院を受診すれば個人の症状に合わせた強さの薬が処方されるはずです。

 

突発性難聴の場合は老人性難聴のように加齢とともに少しずつ進行していくものではなく、ある日突然耳に異常が生じるという特徴があり、何も対処をしないと聴力が衰えたまま固定されます。

 

自然に症状が改善されるということは絶対にないので、早急に病院を受診してステロイド剤を処方してもらい、治療をしていかなければなりません。

 

発症してから2週間以内に治療を始めなければならないと考えられているので、自宅で様子を見るような猶予はないということを、しっかりと頭に入れておくべきです。

 

ステロイド剤と聞くと、多くの方はアトピー性皮膚炎に使う治療薬というイメージがあるかもしれませんが、難聴の治療にも使われており、塗り薬ではなく点滴や内服による投与となっております。

 

ステロイド剤の中には血管を拡張させるような働きがあり、難聴は内耳の血行不良によって引き起こされていることがあるため、この薬による治療効果が最も高いと言われているのです。

 

「ステロイド剤は副作用が強いのでは?」ということで、服用を躊躇う方はいらっしゃるものの、医師の指示に従って用法と用量を守っていれば、食欲亢進や手足のむくみ、胃腸の不快感や肌荒れといった症状は一時的なものなので心配はないでしょう。

 

そもそも、このような不快な症状は、既に引き起こされている病気が治る際に生じる好転反応のようなものなので、長期的に続くということはないはずです。

 

ただし、糖尿病や緑内障、胃潰瘍といった病気を治療している方は、ステロイド剤を使えないこともあるので、どのように難聴を改善していけば良いのか医師と相談する必要があります。

 

糖尿病を患っている方は特に、ステロイド剤の投与によって血糖値が上昇し、症状の悪化に悩まされるかもしれないので、医師と相談して別の難聴の治療法を考えなければならないというわけです。

 

難聴の治療に使用するようなステロイド剤はドラッグストアといった場所では販売されていないため、病院を受診して点滴を受けるか、内服薬を処方してもらう形となっております。

 

皮膚に塗布するようなステロイド剤を耳に塗ったところで意味がありませんし、自己判断による対処は危険なので、専門医の判断に委ねなければならないというわけです。

 

市販で販売されている「コンドロイチンZS錠」には、鎮痛の役割を果たしているコンドロイチン硫酸ナトリウムが含まれており、聴覚神経が傷付くのを防いでくれるみたいですが、どの薬が効き目があるのか素人では判断し兼ねるので、難聴の治療に病院の利用は不可欠だと言えます。