難聴の対策

 

 

難聴の対策について

高齢者を悩ませる要因の一つが難聴で、周囲の音が聞き取りにくくなることで会話が難しくなり、コミュニケーションが上手く取れないということでショックを受ける方はいらっしゃいます。

 

確かに、加齢による老人性難聴を完全に防ぐ手立てはありませんし、完治できる治療法も確立されていないものの、日常生活で対策を練れば多少なりとも症状が和らぐ可能性はあるのです。

 

仮に、難聴を対策して変化が得られないとしても、症状の進行を緩やかにできるだけでも十分ですし、何もしなければ悪化していくだけというのは間違いありません。

 

「年齢のせいだから仕方ない」「治療しても良くならない」からといって放置するのは良くないので、このページでどのような難聴の対策を行えば良いのか確認してみてください。


美聴泉(びちょうせん)を使おう

このサイトでご紹介しているサプリメントの美聴泉(びちょうせん)は、難聴や耳鳴りといった聞こえのトラブルを対策できるグッズの一つとなっております。

 

美聴泉(びちょうせん)の中には、品質として安定しているイチョウ葉エキスやナギイカダエキスといった天然の成分が含まれており、この効能によって耳鳴りやめまいを防いでくれるのです。

 

医薬品ではないので即効性はないものの、副作用を心配する必要はありませんし、難聴を完治できないとしても日常生活のサポートはしてくれます。

 

「酷かった雑音が気にならなくなった」「快適な睡眠を得られるようになった」という口コミを得ている製品なので、是非一度高齢者の方は美聴泉(びちょうせん)を使ってみてください。

 

 

>>> 難聴や耳鳴りのトラブルに悩む方はコチラ


ステロイド剤を使用しよう

突発性難聴を患った方が治療として病院で処方されるのがステロイド剤で、点滴や内服によって投与されます。

 

突発性難聴に関しては未だに分からないことも多く、ステロイド剤で完治できるわけではありませんが、血管を拡張させて内耳の血行を良くする効能があるので、難聴に効果的な薬剤なのです。

 

他にも、難聴や耳鳴りの薬物治療として抗うつ剤や抗不安剤が処方されることが多く、専門医の指示に従って服用することで症状を和らげていきます。

 

突発性難聴は症状の放置により、聴力が固定されて元に戻らなくなるという危険性があるので、早めに病院で対策を練らなければならないということはお分かり頂けるでしょう。

 

個人の症状によっては、回転性のめまいを同時に引き起こすメニエール病により、難聴が生じているかもしれないので、専門医の判断は必要不可欠というわけです。


補聴器を使用しよう

難聴自体を対策できる方法ではありませんが、日常生活をスムーズに送るためにも、難聴者には補聴器が欠かせない道具だと言えます。

 

イヤホン型やヘッドホン型、耳穴型というように、現在では様々なタイプの補聴器が登場しており、個人に適したものを使うことで、以前と同じように人と会話ができるのです。

 

ただし、安すぎる製品は質が悪く、ただ音を大きくするような器具では逆にストレスを溜め込むこととなるので、医師と相談してどのタイプの補聴器が良いのか考えましょう。


肩こりや背中のこりを改善しよう

肩こりや背中のこりと、難聴には大きな関係性があり、このような身体の緊張を解してあげることで、難聴の症状が改善される場合があります。

 

「音を聞く」という聴覚機能は、活発に新陳代謝が行われ、その神経にしっかりと栄養分が行き渡ることにより、聴力を維持できるのです。

 

つまり、肩こりや背中のこりで栄養分が行き渡りにくくなれば、それだけ聴力の低下に陥る可能性が高いということで、身体の緊張を解す努力をしなければなりません。

 

 

 

 


「難聴の対策」に関するページ