難聴の予防に亜鉛が良い理由

 

 

難聴の予防に亜鉛が良い理由をチェック!

「難聴とは特に関係性がないのでは?」と考えている方はいますが、実は亜鉛は耳鳴りや難聴など耳に引き起こされるトラブルの予防に役立ちます。

 

そもそも、亜鉛とは私たちが生きていくために欠かせないミネラルで、体内では作り出すことができません。

 

そのため、食事やサプリメントなど何かしらの形で外部から摂取しなければならず、現代人の食生活では不足しやすいので注意が必要ですね。

 

亜鉛を含むサプリメントを飲んでいる方の中で、「半年間以上に渡って飲み続けて耳鳴りや難聴に効いているような気がする」と口コミを残している方がいました。

 

なぜ亜鉛が耳のトラブルの予防や緩和に良いのか、詳しい理由について見ていきましょう。

 

@亜鉛が体内から不足すると味覚障害を起こしたり免疫力が低下したりと様々な不快な症状に繋がりやすい

A同時に内耳にある聴覚を司っている蝸牛(かぎゅう)の機能が損なわれる

B感覚器官の機能低下によってピーやキーンなどの耳鳴りの症状が出る

C耳の機能全体にかかわる大事な器官なので難聴の原因にもなりやすい

 

亜鉛不足が耳鳴りや難聴など、耳に引き起こされるトラブルの直接的な原因というわけではありません。

 

しかし、不規則な食生活を送っていて亜鉛が不足すると、蝸牛(かぎゅう)の機能が低下しやすいのは紛れもない事実ですので、毎日の食生活でバランス良く取り入れる工夫が必要ですよ。


亜鉛を多く含んでいる食品は?

亜鉛が耳鳴りや難聴など耳のトラブルの予防に良いことが分かったところで、以下ではどのような食品の中に多く含まれている栄養素なのかまとめてみました。

 

<魚介類や海藻類>

・牡蠣

・煮干し

・うなぎ

・するめ

 

<肉類や卵類>

・牛肉

・豚レバー

・ビーフジャーキー

・卵黄

 

<豆類や木の実>

・松の実

・ゴマ

・大豆

・きな粉

 

<乳製品>

・パルメザンチーズ

・脱脂粉乳

・牛乳

・カマンベールチーズ

 

様々な食べ物の中に含まれていますので、亜鉛を摂取するのは決して難しくありません。

 

しかし、インスタント食品やファストフード食品ばかり食べていると、体内で著しく不足しやすいので注意が必要ですね。

 

亜鉛は耳の機能に必要な栄養素だけではなく、「酵素の働きを活性化させる」「味覚を正常に保つ」「細胞分裂を促す」「生殖機能を維持する」といった働きもありますので、意識的に摂取してみてください。


亜鉛サプリを摂取するベストなタイミングは?

亜鉛不足を補う目的で、健康食品のサプリメントを摂取する方は増えました。

 

亜鉛を中心とするミネラルが豊富に含まれているため、耳鳴りや難聴の症状で悩んでいる方にもおすすめですね。

 

亜鉛サプリは基本的に自分の好きなタイミングで飲めますが、朝食を食べてから30分後の時間帯がベストだと考えられています。

 

その他の時間帯は避けた方が良く、その理由を詳しく見ていきましょう。

 

起床直後:目覚めて直ぐに飲むと胃腸がビックリして負担が加わる

空腹時:胃腸への負担が大きくなって胃痛や頭痛に繋がりやすい

食後:お腹がいっぱいの状態だと亜鉛が体内へと吸収されにくくなる

 

これらを考慮すると、亜鉛の効果を損ねずに更に身体への負担を和らげるには朝食後30分が良いのです。

 

もちろん、寝る前に飲んでも全く問題はなく、何よりも長く継続することを念頭に置かなければなりません。


難聴で悩む人にはサプリメントの美聴泉(びちょうせん)がおすすめ!

難聴や耳鳴りの症状で悩んでいる人には、サプリメントの美聴泉(びちょうせん)がおすすめです。

 

美聴泉(びちょうせん)は耳のトラブルで悩む高齢者のために作られました。

 

一般的なサプリメントは違い、亜鉛酵母やイチョウ葉エキスなど耳の機能と深く関わる栄養素が豊富に含まれています。

 

身体の内側から副作用のリスクなく安全に体質改善を促してくれるので、セルフケアで難聴を予防したいと考えている方は美聴泉(びちょうせん)を飲んでみてください。

 

 

>>> 難聴や耳鳴りのトラブルに悩む方はコチラ

 

 

 

 


「難聴の対策」に関するページ